紫外線による“ダメージ肌”にさようなら 日焼けで後悔はしたくない

紫外線による“ダメージ肌”にさようなら

日焼けで後悔はしたくない

体の中から、外から対策を

 夏が近付くにつれ、お肌の大敵、紫外線量もピークを迎えます。紫外線対策をせずに外出し、日焼けでお肌が…、と後悔しないためにも、しっかりとケアをしましょう!

室内、野外など、用途に合わせて使い分け

日中の日差しが強くなり、汗ばむ季節。気を付けたいのが紫外線による日焼けです。浴びすぎると、肌のしみ、しわの原因につながるともいわれています。

日本の紫外線量は春から徐々に増え、7月~8月にピークを迎えます(グラフ参照)。和歌山地方気象台によると、紫外線量はオゾン量や雲などの条件が同じなら、太陽の高度が高くなるほど大きくなり、一日の中では正午ごろ、一年の中では夏至前後、また国内では南の地方(北海道より沖縄)ほど多くなるとのこと。

紫外線は大きく分けてA波とB波があり、一般的に肌に関係するのはこの2つ。エステティシャンで和歌山市内のサロン「Siaura(シアーラ)」を主宰する三宅渥美さんは、「A波は波長が長く、窓も通すので室内にいてもA波が届くこともあり、しわやたるみの原因になります。B波は短時間浴びただけで肌が赤くなるなど、肌に影響が出やすく、しみの原因になります」と話します。

「クルクルと円を描きながら丁寧に塗ります」と話す三宅さん

日焼け止め化粧品の防御指標は、A波を「PA」、B波を「SPF」で表し、+(プラス)の数や数値によって防御効果が異なります。三宅さんは「室内かアウトドアかなど、用途に合わせた使い分けがおすすめです。肌の表面は毛穴などで目には見えない凹凸があるので、手でムラなく均一に塗ることがポイント。たくさんの種類の中から肌に密着するものを選んで。汗や皮脂などで少しずつ効果が落ちるので、こまめに塗り直しましょう」とアドバイスします。

顔に塗るときは、化粧水や美容液で肌を整えた後、額・両ほほ・鼻・あごの5カ所に日焼け止めをのせてから、指全体を使ってたたきこむように伸ばしていきます。腕や足は、1本の線を引くように日焼け止めを付け(写真)、手のひらを使ってらせんを描きながら伸ばします。もしも日焼けをして肌が赤くなったときは、冷たいタオルや保冷剤で冷やしてしっかりとケアを。「メラニンが生成する72時間内が重要。後々、肌への影響が変わります。しっかりと保湿を」と伝えます。

また、食物の摂取で体内からの対策も大切。ビタミンA・C・E、リコピンには日焼け対策に欠かせない栄養素が含まれています。三宅さんは「抗酸化作用で、紫外線を浴びてできた活性酸素が増えるのを防ぎ、肌トラブルの原因を内側からケアします。夏に摂取しやすいのがトマト。リコピンが多く含まれていて、加熱するとさらに増加します。緑黄色野菜やイモ類なども良いので、日頃のメニューに取り入れて効率よく摂取しましょう」と話します。

他にも、UVカット効果のある日傘や手袋、帽子、サングラスなども並行して使いましょう。後悔しないために、意識しながら今から対策を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  運動会シーズンがやってきました。プログラムの中で盛り上がりを見せる「かけっこ」や「リレー」。“速く…
  2. 煮物では食べにくい冬瓜も、炒めてカレー味に、そしてチーズもトッピングすれば分からず食べちゃいます! …
  3.  働きながら子育てをするママが増えてきました。そんなママたちに必要なのが、“保活”。まず何から始めれ…
  4.  故人の思い出が詰まった遺品の数々。整理する遺族の負担を減らすために生前の「断捨離(だんしゃり)」を…
  5. 3LED ヘッドランプ(10人)  これまで紹介した防災グッズの中でも人気商品の「ヘッドランプ」を…

電子新聞 最新号

  1. 2019/8/22

    リビング和歌山 8月24日号

    リビング和歌山8月24日号  運動会シーズンがやってきました。プログラムの中で盛り上がりを見せる「か…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る