被災地での体験、経験を生かして⑮

紀州梅の郷救助隊隊長 尾﨑 剛通さん

もしものときにリーダーシップをとって地域の力に

何もできなかった悔しさから結成

講演会で登壇する尾﨑剛通さん

講演会で登壇する尾﨑剛通さん

(上)2011年4月、宮城県気仙沼市での捜索活動(下)毎年、訪れている気仙沼市の浄念寺。今年も交流会が行われました

(上)2011年4月、宮城県気仙沼市での捜索活動(下)毎年、訪れている気仙沼市の浄念寺。今年も交流会が行われました

みなべ町を中心に近隣市町の住民らで組織する災害ボランティア団体「紀州梅の郷救助隊」。1995年に起こった阪神・淡路大震災のとき、地元の消防団員であった尾﨑剛通さんが、「召集がかかるかと思ったけれど、消防団は地域に密着した消防防災組織のため救助に向かうことはなく…。あのときは行政の対応もにぶかったですよね。何もできない自分に悔しくなって、それなら自分で」と立ち上げました。

現在、隊員は賛助隊員を含め150人ほど。年齢も職業も異なる人たちが有志で集まり、災害が起こるたびに被災地へと駆けつけています。

「隊員には勉強のために各地での復興・救助活動に参加してもらっています。ただし、“自主・自由・自己責任”で。もし、この辺りで大災害が起こったら、隊員一人一人がリーダーシップをとって、率先して地域の人たちを助けてほしいと思っています」と尾﨑さん。

東日本大震災のときは、和歌山県にも津波警報(大津波)が出ていたため、尾﨑さんは消防団員として町内のパトロールに奔走し、発生から2日後に隊員らと福島県へ。

「このときは原発のことや津波の二次災害の問題があって、思った活動ができず、じくじたる思いで帰ってきました」と。

そして1カ月後、宮城県気仙沼市へ。「浄念寺という臨時の避難所で、女性は炊き出し、男性は捜索活動をして、全焼した家屋から白骨化した遺体や位牌を見つけ出しました。7年経った今も気仙沼には毎年足を運び、交流が続いています」と言います。

防災関連の講演会に呼ばれることの多い尾﨑さん。講演会では、こうした活動報告とともに、「避難訓練はもちろん大事です。訓練に参加していないととっさの行動はなかなかできません。しかし、訓練によって“マニュアル通り”のことしかできなくなると災害時には命取りになります」と訴えています。

※次回6月16日号掲載

尾﨑 剛通さんが伝えたい災害時の備ええ

◆避難訓練は大事。しかし、マニュアル通りの訓練では、とっさの行動につながらない
◆一度、被災現場を見るとその意識が変わる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

今週のリビング新聞

  1.  1月にオープンした「カレー工房あがら」。夜は名物のスープカレー(800円、写真)のほか、…
  2.  登校拒否・ひきこもりの子ども・青年を持つ和歌山県親の会主催の「第120回学習会・交流会」…
  3.  和歌山市第3在宅医療・介護連携推進センターの市民公開講座「いつかは死ぬんですが…整形の医…
  4.  水に棲む生き物や展示物に囲まれて、昔話を聞いて楽しむ催し「水族館でおはなし会」が、3月2…
  5.  何かと忙しい年度変わりのこの時期、ゆっくりとお風呂に入って癒やしを…。自然志向のスキン…

電子新聞 最新号

  1. 2019/3/14

    リビング和歌山 3月16日号

    リビング和歌山 3月16日号  高齢化の進行と共に、認知症が社会問題になりつつある昨今。終活シリーズ…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. 高齢化の進行と共に、認知症が社会問題になりつつある昨今。終活シリーズの第2弾は、認知症から資産を守…
  2. 全編和歌山をロケ地に撮影された映画が完成。和歌山県出身のミュージシャンをはじめ、ダンサー、芸人、ア…
  3. 駒場工務店 駒場一仁代表 命を守る「津波避難タワー」を設計・施工  東日本大震災以…
  4. 折りたたみ式ウオータータンク(10リットル)(10人)  市民の防火・防災意識の向上を図る「和歌山…
  5.  化学染料では出せない優しい色合いや、季節の移ろいを感じられるところが魅力の、ボタニカル・ダイ(草木…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る