近大附属高校・中学校でエッグドロップコンテスト

同校の生徒も協力してくれました

同校の生徒も協力してくれました

和歌山リビング新聞社が地域貢献活動の一環として運営している「日本宇宙少年団(YAC)和歌山分団」。7月の定期活動は、近畿大学附属和歌山高等学校・中学校(和歌山市善明寺)のオープンキャンパスと連携し、「エッグドロップコンテスト」を同校で17日(土)に実施しました。

エッグドロップコンテストとは、画用紙1枚を使って卵を包み込み、高いところ(今回は校舎の4階)から落として、卵を割ることなく回収しようというもの。使えるのは画用紙とセロテープ、ホッチキス。丸めたり、切ったり、貼ったり…自由な発想で卵が割れない工夫をして、落下させます。分団員以外のオープンキャンパスに来た子どもたちも参加できるオープン形式で104人が挑戦、そのうち8人が成功しました。

20160827kids01

問い合わせ和歌山リビング新聞社
電話073-428-0281
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1. “味良し”“値良し”“種類多し”の3拍子そろったスーパーの惣菜に、日々助けてもらっている主婦も多いの…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中の多くの人が感染への恐怖や経済へ不安を抱えている中、和歌…
  3. 自分の心と仲良くなれる方法を知ってしなやかに新しい時代を生きる 今までにない日々の過ごし方が余…
  4. 花束の形は大きく分けて2種 仕上がりをイメージ、花の特徴を生かして 花束の形は大きく分けて、全ての…
  5. 不要不急の外出自粛が求められる中、学校もお休み、仕事もテレワークと、“巣ごもり生活”を余儀なくされ…

電子新聞 最新号

  1. 2020/5/28

    リビング和歌山5月30日号

    リビング和歌山5月30日号 “味良し”“値良し”“種類多し”の3拍子そろったスーパーの惣菜に、日々助…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る