近大附属高校・中学校でエッグドロップコンテスト

同校の生徒も協力してくれました

同校の生徒も協力してくれました

和歌山リビング新聞社が地域貢献活動の一環として運営している「日本宇宙少年団(YAC)和歌山分団」。7月の定期活動は、近畿大学附属和歌山高等学校・中学校(和歌山市善明寺)のオープンキャンパスと連携し、「エッグドロップコンテスト」を同校で17日(土)に実施しました。

エッグドロップコンテストとは、画用紙1枚を使って卵を包み込み、高いところ(今回は校舎の4階)から落として、卵を割ることなく回収しようというもの。使えるのは画用紙とセロテープ、ホッチキス。丸めたり、切ったり、貼ったり…自由な発想で卵が割れない工夫をして、落下させます。分団員以外のオープンキャンパスに来た子どもたちも参加できるオープン形式で104人が挑戦、そのうち8人が成功しました。

20160827kids01

問い合わせ和歌山リビング新聞社
電話073-428-0281
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  今年10月、食品ロス削減推進法が施行。食品メーカーや小売業などの企業で取り組みが進むことが期待さ…
  2. 「ねんりんピック紀の国わかやま2019」が、11月9日(土)~12日(火)の期間、和歌山県内で開催…
  3.  松阪牛、近江牛、神戸牛…、これまで“高級肉”といえば、サシがたっぷり入った霜降り肉が主流でしたが…
  4.  頼宣が和歌山に入国してから400年。10月19日(土)~11月24日(日)、和歌山県立博物館、和…
  5.  植物性の乳酸菌が含まれているキムチ。腸内環境を整えるほか、美肌や疲労回復効果もあるとか。また店それ…

電子新聞 最新号

  1. 2019/11/7

    リビング和歌山 11月9日号

    リビング和歌山11月9日号 今年10月、食品ロス削減推進法が施行。食品メーカーや小売業などの企業で取…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る