3月8日(サバの日)解禁! 和歌山新ブランドサバ 目指せ! 世界一のサバ養殖

 塩焼き、 みそ煮、バッテラ、きずし…、昼の定食にも晩酌にも万能魚“サバ”。総務省統計局「家計調査」(2016~18年平均)によると、和歌山市の1世帯当たりのサバの消費金額は1595円で、全国2位。古くから「なれずし」に慣れ親しんできた和歌山の人たちはサバがお好きなようで。そんな和歌山で新たな養殖サバの挑戦が始まります。

国内市場を席けんするノルウェー産 国産サバはブランド化で価値向上

農林水産省の魚種別漁獲量を見ると、2018年の「さば類」の漁獲量は、54万1975トンで全魚種の漁獲量の約16.1%を占めています。その半分程度をアフリカ諸国などに輸出、6万トン弱をノルウェーから輸入しています。実はスーパーに並ぶ「塩サバ」や、近年ブームの「サバ缶」はほぼノルウェー産。一方、国内では、サバの価値を高めるブランド化が進み、大分県の「関サバ」、宮城県の「金華サバ」といった各漁場でとれる天然のご当地サバに加え、佐賀県の「唐津Qサバ」、宮崎県の「ひむか本サバ」など養殖のブランドサバも続々と登場しています。

そうした中、和歌山県でも、「世界一のサバ養殖プロジェクト」が始動。地魚をはじめ全国の鮮魚を扱う「丸長水産」(田辺市上ノ山)と、国内外でサバ料理専門店「SABAR(サバー)」を展開する「鯖や」(大阪府豊中市)がタッグを組み、3月8日(日)に和歌山生まれ、和歌山育ちの新たなブランドサバを誕生させます。

和歌山の資源を生かして町おこし 

紀伊大島の恵まれた海域で完全養殖 和歌山から全国、世界を目指す

海上の生けすですくすくと育つ「和歌山さば」

3月8日にデビューする和歌山のブランドサバ(以下・和歌山さば)は、串本町紀伊大島の養殖場で育てられています。実のところ、こちらの養殖場では昨年まで、梅エキス入りの配合飼料を使った「紀州梅お殿さば」というマサバが養殖されていて、県内外で流通していました。「『お殿さば』を広めてほしいという打診を受けたこともあります。でも、当社は、鳥取県の『お嬢サバ』、福井県の『小浜よっぱらいサバ』など数々の養殖サバをプロデュースしているので、“よそさま”のものは…と、当時はお断りしたんです」と、サバのことを知り尽くした“サバ博士”こと「鯖や」の右田孝宣社長は話します。

ところが、昨年、「お殿さば」を手掛ける水産会社が事業撤退を表明。セミナーを通じて意気投合した右田社長と「丸長水産」の柴田隆治社長が、養殖場とその技術を継承することに。「大島にはマグロの養殖場があるくらいなので、サバが生育するのに最適な環境。そこに立派な施設があり、人工孵化(ふか)させた成魚から採卵して成魚まで育てる『完全養殖』の選抜育種で、すでに第5世代まで育っていて…。サバ博士の私を、サバたちが呼んだのだと思います。これまでの実績と経験で、『お殿さば』を上回る『和歌山さば』を育ててみせます」と意気込む右田社長。和歌山から日本全国に出荷、いや世界各国への輸出を目指しています。

待望のブランドサバは「和歌山県おさかな村」で生食で

和歌山さばのにぎり(2貫616円)

3月8日には、世界へ羽ばたく「和歌山さば」の新名称が発表されるとともに、その日に合わせて産卵も。「とことん“サバ”にこだわり、サバの日生まれに(笑)。孵化してから食べられるようになるまで1年ほどかかりますが、それまでは、その子たちの親世代が新たなブランド名を名乗り、まずは地元の人たち、関西の人たちにアピールしていきたい」と。親世代もこれから生を受けるサバたちも、卵から管理下で育てられる完全養殖なので、寄生虫「アニサキス」がつく可能性が低く、“生食”で味わえるのが特徴。通常、青魚は内臓に含まれる酵素が多く傷みやすいため、生食には不向きですが、こちらの養殖サバは刺身やにぎり寿司(ずし)で提供されます。

和歌山さばの姿造り。釣り堀で自分で釣ったサバだと3278円、釣らないと3630円

期待高まる「和歌山さば」は、「海鮮問屋丸長田辺店」を改装して3月8日にプレオープンする「和歌山県おさかな村」(田辺市新庄町)、「海鮮問屋丸長和歌山インター店」(和歌山市栗栖)で食べられます。「おさかな村」も、“さば博士”がプロデュース。「海辺の立地で、釣り堀があって、生けすがあって、バーベキュー設備もあって…。いつか手掛けたいと思っていた“シーグランピング”が実現できました。日本全国どこにもない“食”と“体験”と“学び”を通して魚を丸ごと楽しめる施設です」

3月8日(日)プレオープン 和歌山県おさかな村

「海鮮問屋丸長田辺店」を全面改装して、体験型観光施設「和歌山県おさかな村」となって3月8日にプレオープンします。食と体験と学びを通して「魚を丸ごと楽しむ村」。食は、地魚料理「丸長」とサバ料理専門店「SABAR」が同居。体験は、釣り、生けす、エサやりと子どもも大人もワクワク。学びは、サバの養殖の様子を展示したり、“お魚のプロ”が教える地魚の料理教室も。“楽しい思い出”は持ち帰ってもらおうと、店内にはお土産売り場も併設しています。世界で和食ブームが起こる一方、日本人の“魚離れ”が進んでいる今、魚に特化した注目の施設がここ和歌山に!

 釣り堀で釣りを体験

「海に浮かんだ釣り堀」で、女性も子どもも気軽に釣りが楽しめます。さおのレンタル、レクチャーは無料で、タイやアジなど釣った魚は1匹単位で買えます。店内でさばいてもらって食べると、料理の価格が“村民感謝価格”で割安に。命あるものをいただくことに感謝を!

 生けすで体験

 店頭で育てている「お子サバ」にエサがあげられます。赤ちゃん、幼児、成長期と生体の大きさによってエサも変化。エサ代は110円。小さなサバが水槽で泳ぐ姿はそう見られません。体はとてもきれいな海の色をしています。この機会に貴重な体験を。

 エサやりを体験

 店内の生けすからアワビやサザエなど貝類(330円から)やイセエビ(時価)を自分でとって食べることができます。「浜焼きBBQ」スペースで、豪快に焼くもよし、刺身など希望の方法で調理してもらうもよし。生けすを見ているだけでも癒やされます。

 SABARビレッジ和歌山田辺店

 サバ好き念願の「SABAR」がいよいよ和歌山に上陸。それも、飲食だけにとどまらない、サバグルメパーク「SABAR VILLAGE」の第1号店として、「おさかな村」の一角に誕生します。
「SABAR」の各店舗で提供している「とろさば」メニューやサバの各国料理に加え、「和歌山さば」が味わえる他、ICT(情報通信技術)などを使って養殖サバが育つプロセスを展示する「さばさばなさば展さばらぼ」(研究所)、ブランドサバが回遊する「さば釣り堀」などもあり、サバの魅力を発信するおいしくて、楽しい施設です。

店名 和歌山県おさかな村
問い合せ 0739(24)7800
住所 田辺市新庄町北内之浦3143-8
営業時間 午前11時~午後9時(OS8時)
休日 水曜
駐車場 あり
HP https://marucho-osakanamura.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フロント特集

おすすめ記事

  1. ヘアブラシで頭皮ケアとつや出し“根起こし”でボリュームアップも 毛髪関連事業を手掛ける「アデランス」…
  2.  「健康増進法」が改正され、4月1日から全面施行。今回の改正の大きな目的は、他人が吸うたばこから発生…
  3.  昨今の仏像ブーム。今回は連載中のコラム「仏像のよこがお」の拡大版。大きい、古い、珍しいなど、間近で…
  4.  塩焼き、 みそ煮、バッテラ、きずし…、昼の定食にも晩酌にも万能魚“サバ”。総務省統計局「家計調査」…
  5.  あなたの周りに、“レアな日生まれ”の人はいますか。今号は、2月29日発行。この機会に、普段なかなか…

電子新聞 最新号

  1. 2020/3/26

    リビング和歌山 3月28日号

    リビング和歌山3月28日号 女性にとって、髪は“美の象徴”であり、見た目に大きな影響を及ぼします。美…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る