ISSと宇宙の公用語を学ぶ
ゲームで英語に親しんだよ

和歌山リビング新聞社が地域貢献活動の一環として運営している「日本宇宙少年団(YAC、ヤック)和歌山分団」は、2月8日(土)に定期活動「宇宙飛行士のミッションと宇宙の公用語」を実施。講師には、JAXA(ジャクサ)スペースティーチャーズ和歌山のメンバーの一人、和歌山市立湊小学校の戸川定昭校長を迎えました。

世界14カ国から宇宙飛行士が集まる“国際宇宙ステーション(ISS)”について学び、戸川校長は、ISSでは英語を共通の言葉に、近年ではロシア語も必要になっていると説明。宇宙飛行士は互いにコミュニケーションを取り、助け合ってミッションを果たしていることを分団員たちに伝えました。その後、キーワードを聞き取ったり、しりとりをしたり、英語でゲームをして楽しみました。

和歌山リビング新聞社073(428)0281
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1. ヘアブラシで頭皮ケアとつや出し“根起こし”でボリュームアップも 毛髪関連事業を手掛ける「アデランス」…
  2.  「健康増進法」が改正され、4月1日から全面施行。今回の改正の大きな目的は、他人が吸うたばこから発生…
  3.  昨今の仏像ブーム。今回は連載中のコラム「仏像のよこがお」の拡大版。大きい、古い、珍しいなど、間近で…
  4.  塩焼き、 みそ煮、バッテラ、きずし…、昼の定食にも晩酌にも万能魚“サバ”。総務省統計局「家計調査」…
  5.  あなたの周りに、“レアな日生まれ”の人はいますか。今号は、2月29日発行。この機会に、普段なかなか…

電子新聞 最新号

  1. 2020/3/26

    リビング和歌山 3月28日号

    リビング和歌山3月28日号 女性にとって、髪は“美の象徴”であり、見た目に大きな影響を及ぼします。美…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る