−第15回−文化財 仏像のよこがお「熊野御幸を見守った金剛童子像」

▶ 滝尻金剛童子立像

聖地・熊野三山(本宮・新宮・那智山)への参詣者が往来した祈りの道、熊野古道。その道沿いに、王子とよばれる神社や祠(ほこら)が多数あり、九十九王子(くじゅうくおうじ)と総称されています。王子にまつられているのは金剛童子(こんごうどうじ)。これを熊野権現の御子神(みこがみ)とする捉え方もありますが、正確にいえば仏に付き従う眷属(けんぞく)であり、修行者を守る護法善神(ごほうぜんじん)です。熊野への参詣は、山という他界に入り、巡拝して日常に戻る山岳修験の擬死再生の修行であり、その行者を金剛童子が守っているのです。

王子の中でも、藤白(海南市)、切目(印南町)、稲葉根(上富田町)、滝尻(田辺市中辺路町)、発心門(田辺市本宮町)は五体王子と呼ばれて格式が高く、上皇の熊野参詣の際に和歌会が催されるなど、特別な法要が行われてきました。このうち熊野の神域の入口と捉えられていた滝尻王子(現・滝尻王子宮十郷神社)の祭神像について、2007(平成19)年に調査の機会を得ました。

▶ 熊野曼荼羅に描かれた滝尻金剛童子

社殿の中に安置される小型の宮殿の扉を開くと、よろいをまとい右手に矢、左手に弓(亡失)を持つ姿の像(写真右)が見えました。像高35・8㌢と小さく、後世の厚い彩色で像容を捉えにくいものの、その風貌や体型の特徴は明らかに平安時代後期、12世紀の作風を示しています。滝尻金剛童子の姿にはいくつかのバリエーションがありますが、熊野曼荼羅の中に同様に武装して弓矢を持つ図像(写真左)が確認され、その尊名に疑いはありません。

この地を訪れる参詣者を900年に渡って見守ってきた、現存唯一の熊野の金剛童子像。そのまなざしの向こうには、上皇たちのきらびやかな熊野御幸の風景が広がっていたのです。(県立博物館主任学芸員・大河内智之)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. リビング和歌山1月15日号「わが家の\ちょい足しTKGコンテスト/」
     10月30日号の紙面で皆さんから募集したTKGのちょい足しレシピ。編集部で再現してみました。「マ…
  2. リビング和歌山1月8日号「全国のリビング新聞編集長がセレクト2022年にちなんでニコニコプレゼント」
    リビング新聞からのお年玉として、全国リビングネットワーク・提携各紙から大プレゼント! 今年は「20…
  3. リビング和歌山2021年末年始「和歌山県内に暮らす外国人に聞いてみた そうなの!世界のお正月」
     日本ではお正月に、おせち料理を食べるなどの風習があります。海外はどうなのでしょうか? そこで、和…
  4. リビング和歌山12月18日号「歳末の活気あふれる〝市〟でお買い物」
      来週のクリスマスが終わるといよいよ年の瀬。世間は一気にお正月ムードに様変わり。今冬は、原油高、…
  5. リビング和歌山12月11日号「第6波に備える 和歌山新型コロナ検証」
     第5波の自粛が解かれ、クリスマスや年末年始を迎えます。しかし、感染が落ち着いているからといって油…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山1月15日号「わが家の\ちょい足しTKGコンテスト/」

    2022/1/13

    リビング和歌山1月15日号

    リビング和歌山2022年1月15日号 10月30日号の紙面で皆さんから募集したTKGのちょい足しレシ…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る