−第20回−文化財 仏像のよこがお「中世大崎港の面影を伝える仏像」

宝冠釈迦如来坐像(大崎観音堂蔵)

海南市下津町大崎地区は、『万葉集』に「大崎の神の小浜は狭けども百舟人も過ぐと言はなくに」(石上乙麻呂)とうたわれます。大崎の浜は狭いがたくさんの船が立ち寄る、とあるように、古くから風待ちの港として知られていました。

港を一望する高台には稲荷神社が鎮座し、さらに丘を登ったところに観音堂があります。これまで観音講で守られてきましたが、日々の管理も難しくなり、依頼を受けて調査に訪れました。本尊は観音菩薩(ぼさつ)のはずですが、厨子(ずし)を開けて一瞬戸惑いました。像高35.7cm、仏身は銅で鋳造し、その表面に金ぱくを貼るという珍しい技法で作られています。頭上に髪を結い上げているのは菩薩の特徴ですが、体には大衣(だいえ)をまとって袈裟(けさ)を着け、腹前で印を結んだ姿は如来(にょらい)の特徴です。菩薩と如来の重なったその姿は、観音菩薩ではなく、禅宗寺院によく見られる宝冠釈迦如来坐(ざ)像です。

脇には中国式の服装の伽藍(がらん)神の坐像がまつられ、像内には天文10(1541)年の銘記が確認されました。さらに、脇壇の中に同じ銘記のある達磨(だるま)大士の坐像を見つけ、伽藍神とひとそろいの作例と分かりました。

これらの仏像は、本来は禅寺に宝冠釈迦・伽藍神・達磨大士として組み合わされて安置されていたものです。中世、交通の要所となる港には禅寺が設けられ、港の修復の資金調達を担い、人々の交流拠点となっていました。歴史の変遷の中で仏像の名も並び方も変わりましたが、そこには中世の大崎港の面影が、確かに残っていたのです。

※和歌山県立博物館企画展「きのくにの宗教美術」(8月28日~10月3日)で展示されます
(和歌山県立博物館主任学芸員・大河内智之)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. 7月23日に東京五輪が開幕。一部の競技を除いて無観客開催となったものの、熱き戦い、感動の瞬間はテレ…
  2. 夏休みの工作にもぴったりのワークショップが、7月29日(木)~8月10日(火)まで近鉄百貨店和歌山…
  3. リビング和歌山7月17日ガブリと味わうだけじゃない、多彩な楽しみ 今日からあなたも スイカにぞっこん
     真っ赤な果肉、爽やかな甘さが魅力的なスイカ。近年人気の「小玉スイカ」有数の生産地でありながら、和…
  4. 日本遺産の地・太地町の海で クジラにキュン♡
     和歌山県の太地町は、日本遺産「鯨(くじら)とともに生きる」の核となる町。クジラとのつながりが深い…
  5. 関西エリア屈指の星空スポットとして知られている「みさと天文台」(紀美野町松ケ峯)が、約1年間の大…

電子新聞 最新号

  1. 2021/7/22

    リビング和歌山7月24日号

    リビング和歌山7月24日号 7月23日に東京五輪が開幕。一部の競技を除いて無観客開催となったものの、…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る