−第47回−文化財 仏像のよこがお「湯浅氏の菩提を弔う地蔵菩薩」

歓喜寺地蔵菩薩坐像(重要文化財)

歓喜寺地蔵菩薩坐像(重要文化財)

湯浅氏の菩提を弔う地蔵菩薩

 有田川町の歓喜寺は、高僧明恵上人(1173~1232年)の生誕地に、没後その遺徳をしのび、弟子の喜海(1178~1250年)が建長元(1249)年に建てた寺院です。同じく弟子の高信が編さんした『高山寺縁起』末尾にある、師の遺跡8カ所を列記した「紀州所々遺跡」の歓喜寺条に、創建時、明恵のいとこである湯浅宗氏が支援したことが記されています。宗氏の子の浄林房澄恵が住職を勤め、孫の宗春も所領を寄進し、後に阿弖川(あてがわ)氏を名乗る一門と深い関わりがありました。

本連載の第32回(2022年7月23日号)で、歓喜寺地区の住民の手から手に引き継がれてきた、鎌倉時代の慶派仏師が作った像高3・3センチの小さな地蔵菩薩坐(ざ)像が、元は同寺檀越(だんおつ=施主)の湯浅宗氏の念持仏と推測されることを紹介しました。

この小像は江戸時代まで、歓喜寺下品堂の脇壇厨子(ずし)に安置された別の地蔵菩薩坐像(重要文化財)の像内に納められていたことが、寺の記録から分かります。

かつて像内に納められた胎内仏

かつて像内に納められた胎内仏

この地蔵菩薩坐像は像高78・5センチ、像のほぼ全てを一本の木から彫り出した一木造りの仏像です。額の鉢が張り、肩幅が広く胸板も厚く、固く組んだ両脚は左右に広がり安定していて、堂々とした重量感のある姿です。袖には弾力のある深く柔らかなしわと、エッジの立ったしわを交互に表す翻波式衣文(ほんぱしきえもん)が見られます。こうした特徴から、平安時代前期、9世紀末ごろの造像と見られます。座った姿の地蔵菩薩としては、京都の広隆寺や新町地蔵保存会の作例に次ぐ、日本屈指の古像です。

歓喜寺の創建時期をさかのぼる古像は、胎内仏を納めるための鞘仏(さやぼとけ)としてもたらされ、明恵の聖地を守る湯浅宗氏と一門の菩提をとむらった、象徴的な仏像だったのではないかと考えています。

和歌山県立博物館の特別展「紀州明恵上人伝」で11月26日(日)まで公開中。
(和歌山県立博物館アドバイザー、奈良大学准教授・大河内智之)

コーナー

関連キーワード

 

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

おすすめ記事

  1. リビング和歌山5月25日号「龍馬の想いを紡いだ 陸奥宗光の生涯」
    陸奥亮子の写真は、陸奥祥子さん(宗光の孫・陸奥イアン陽之助の妻)から提供  江戸末期に…
  2. リビング和歌山5月18日号「白良浜と扇ヶ浜でフライングディスクのビーチ競技、6月12日に開幕 ビーチアルティメット国際大会」
      プラスチック製・円盤状の遊具を使い、得点を競うスポーツ「フライングディスク」。その国際大会「WF…
  3. リビング和歌山5月11日号「和歌山県、旬の魚を訪ねて漁港巡り 健康と美活に栄養満点のカツオ 昨年に続いて今年も豊漁」
    カツオの豊漁で活気づく、すさみ漁港  全国のリビング新聞のネットワークでは今年、「さかなをたべよう!…
  4. プレミア和歌山認定品の毬玉アクセサリー、天然石や真鍮のアクセサリーやビーズ・スパンコール刺繍の作品…
  5. リビング和歌山4月27日号「 和歌山の平安時代を旅する 光る紀伊へ」
     平安時代ブーム。かつての皇族や貴族は、こぞって高野山や熊野三山を参詣し、聖地とその旅路にさまざま…
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2024/5/23

    2024年5月25日号
  2. 2024/5/16

    2024年5月18日号
  3. 2024/5/9

    2024年5月11日号
  4. 2024/4/25

    2024年4月27日号
  5. 2024/4/18

    2024年4月20日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る