すごいぞ! 和歌山の底力
高野口で誕生のエコファー
世界のブランドが称賛

リビング和歌山12月17日号「すごいぞ! 和歌山の底力 高野口で誕生のエコファー 世界のブランドが称賛」

 和歌山が誇る“ものづくり”の力を紹介するシリーズ「すごいぞ!和歌山の底力」。5回目となる今週号は、パイル織物業が盛んな橋本市高野口町の「岡田織物」を訪ねます。衣服の表地に使うエコファーを開発し、世界の著名なファッションブランドと取引を行っています。伝統の技と革新の技術力を結集した同社の“すごさ”とは一体?

代表取締役岡田次弘さん

岡田織物 代表取締役 岡田次弘さん

裏地の時代はやがて終わる…
ファッションに注目した先見の明

 橋本市高野口町(旧・伊都郡高野口町)。その名の通り、高野山への参詣口として栄えた集落です。江戸時代には、紀州藩によって綿花栽培が推奨されたこともあり、耕地が少ないこの地域の副業として織物が盛んになりました。明治に入ると、一度織り上げた生地をひも状に裁断して再び織り上げる「再織」が創案され、大正初期には技術研究が進んで「パイル織物」へと発展します。

岡田織物の創業は昭和初期の1932年。「和装の羽織物(ショール)を主に製造していたようです」と話すのは、創業者の孫にあたり、3代目として会社を切り盛りする社長の岡田次弘さん。

やがて時代は和装から洋装へ転換。伸縮性に富み、摩擦に強く、保湿性も高い高野口町のパイル織物の需要は高まります。最盛期となる1980年代前半には、400社近い織物メーカーが高野口町内にひしめき合い、全体で約660億円、関連事業所を含めると、約1千億円の売上高があったといいます。

「当時までは防寒着の裏地に使う需要が多かったのですが、空調が整った建物が多くなるにつれ、防寒の必要性が次第に減ってきました。また寒い国への輸出が、急速に進んだ円高によって利益がダウン、大きな痛手を被ったのです」と当時を振り返ります。大学を出て家業を継ぎ、下積みから学んでいた岡田さんでしたが、同社の売り上げも右肩下がり。結果、岡田織物を整理(倒産)するという判断に。1988年のことでした。

やがて周囲から「再建してほしい」との声に後押しされ、1991年、岡田さんは会社を新たに設立します。以前は、衣料からインテリアまで手掛けていました。再建にあたり、ショールを主に作っていた祖父の時代、つまり原点に戻ることを決意し、レディース商品の製造に絞ります。

島精機製作所の裁断機

独自のプログラミングが施された島精機製作所の裁断機は、ファー(毛)を傷つけずに裏地だけをカット

岡田さんの脳裏には、ある思いがありました。「ボアと呼ばれていた防寒用の裏地ではなく、毛皮の代用として表地に使えるファー(毛)づくりに力を入れるべき、と。防寒という機能性から、表のファッション重視へシフトチェンジです」
表地づくりを強化するにあたり、名前もボアから「フェイクファー」に。

高品質が世界に認められ
最先端ファッションに採用

バイカラーストール8800円、エコファー切り替えロングベスト22000円

本物と見間違う風合いのファー
「フェイク」から「エコ」へ進化

 町内の同業者とともに「フェイクファー」という名前の浸透を図る行動を開始した若き岡田さん。そんな駆け出しのころ、ある取引先から、「とにかくいいものを持ってこい」と投げかけられます。「何回出しても『こんなんじゃアカン』と却下され、『何がいいんか分からんのやったら、ヨーロッパでも連れったるわ』って。それから世界を飛び回り、いろんな工場を見学。20年かかって『やっと出来たな』と褒められましたわ(笑)」

海外で見識を広めた岡田さんは、世界で自社製品を認めてもらおうと、多いときでは年間500ほどのサンプル生地を必死で作ったそうです。2002年にニューヨークの国際生地見本市に参加し、そしてパリで開催される高級生地見本市「プルミエール・ビジョン」にも出展します。

「当初は売れたのですが、やがて頭打ちに。原因を分析したら、どこか背伸びしていたんですよね。これじゃダメだと、それまで培ってきた国内向けの商品を海外に出したのです。自然体を大事にしたら、売れ始めて」と岡田さん。「社内に在庫があり、それをベースに多様な要望に素早く対応できたからでしょう。ニーズに100%応えられる自信がある、その信念だけでやっていました」と力強く話します。

2010年代に入り、岡田さんは次世代を見据えた戦略を立てます。「見栄えや肌触りを良くするために、染料や柔軟剤の度を超えた使用は逆に品質が悪化し、環境にも悪影響を及ぼします。環境にも配慮しながら、いいものを作るべき」。これが「エコファー」の名称の始まりになり、「ジャパンエコファー」の商標登録を2013年に行いました。

エコファー

やわらかさと立毛性を実現したエコファー

ある日、ルイ・ヴィトンのアーティスティック・ディレクター、マーク・ジェイコブス本人から会社に電話が入りました。「商品がほしい」と。

(左)エコファーショルダーバッグ5700円、(右)リバーシブルストール8800円
商品デザインは岡田社長の長女である怜子さんによるもの

オール和歌山の技術力
ぜひともその目で確かめて

 この1本の電話を契機に、岡田さんの人生が激変。その品質が認められ、世界の有名ブランドから次々と声がかかったのです。2017年にグッチがリアルファー(動物毛皮)の不使用を宣言し、エコファーの需要はさらに高まります。

三菱ケミカルと共同で、新素材「プロパール」を開発。特殊加工で毛先を割って根本と毛先の太さを変化させ、自然な風合いが実現しました。立体感があって滑らかな手触りは、リアルを超越しているとの高評価です。

岡田織物は家族を含めた従業員数4人。完成に至る40工程は町内の各社で分業しています。長年培われてきた高野口の技術力のたまもの。また、島精機製作所(和歌山市)から導入した裁断機で、精細なカットが可能に。まさにオール和歌山の技術力が結集!

さて、12月20日(火)までの期間限定で、近鉄百貨店和歌山店1階で岡田織物の商品が展示・販売されます。昨年初出品し、用意した在庫が底をつくほどの盛況だったとか。「和歌山の会社やてね、と声をかけてくれるお客さんも多く、地元の人たちの温かさを再認識しました」と岡田さん。下記のショールームで商品を展示していますが、世界に誇る同社の商品を和歌山市で実感できるチャンス。エコファーのすごさを、この機会に。

岡田織物

同社内の倉庫をリノベーションしたショールーム。祝日を除く月〜金曜午前8時半~午後5時半に入室できます。事前電話予約が必要

(左)ミニエコファークッション3850円、(右)エコファーミニトートバッグ8800円

(左)ミニエコファークッション3850円、(右)エコファーミニトートバッグ8800円
これらの商品は同社のホームページ内でネット販売しています

問い合わせ 岡田織物
代表者 代表取締役 岡田次弘
設立 1991年
本社 橋本市高野口町大野757
電話番号 0736(42)2864
ホームページ https://okadatx.shop-pro.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フロント特集

 

交通安全バナー2022贈呈式

交通安全バナー2022贈呈式

おすすめ記事

  1. 企業が設置する保育施設ですが、地域のニーズに合わせて、地域枠として受け入れてくれます。職員の配置基準…
  2. リビング和歌山2月4日号「花は思いをのせたラブレター フラワーバレンタイン」
     2月14日のバレンタインデー。日本では、“女性が好きな男性に、気持ちを伝えるためにチョコレートを…
  3. リビング和歌山1月28日号「賢く節約! 知っておきたい確定申告」
    食品や日用品、光熱費などの値上げラッシュが続き、家計のやりくりに頭を悩ませますよね。少しでも節約し…
  4. リビング和歌山1月21日号「すごいぞ!和歌山の底力 梅から広がる可能性 妊活や競走馬サプリも」
     地域発の“ものづくり”を紹介する「すごいぞ!和歌山の底力」。シリーズ6回目は、梅干しなどの伝統食…
  5. リビング和歌山1月14日号「2023年卯年 和歌山で働くウサギたち」
    今年は卯(う)年。ぴょんぴょん飛び跳ねるウサギのように、飛躍の一年にしたいものです。さて、そんな卯…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山2月4日号「花は思いをのせたラブレター フラワーバレンタイン」

    2023/2/2

    リビング和歌山2月4日号

    リビング和歌山2月4日号  2月14日のバレンタインデー。日本では、“女性が好きな男性に、気持ちを伝…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2023/2/2

    2023年2月4日号
  2. 2023/1/19

    2023年1月21日号
  3. 2023/1/12

    2023年1月14日号
  4. 2023/1/5

    2023年1月7日号
  5. 2022/12/26

    2022年年末年始号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る