ニューノーマル時代のスタンダードに?①
オンライン相談
モデルハウスのリモート見学

対面と遜色なく効率よく家づくり

これから家づくりを始める人にとって、最大の情報収集源はインターネット。これはコロナ禍以前から変わりありませんが、これまで“対面”を基本としてきた住宅業界のサービスもデジタル化が加速。自宅に居ながら打ち合わせができたり、モデルハウスが見られたり…。通信環境が整っていて、パソコン・スマートフォンが使えれば、家づくりが進められる時代に。「パナソニックホームズ和歌山」(和歌山市中之島)の住宅営業部でその実情を聞きました。

「家づくりネット相談」に応対中の営業担当(イメ―ジ)

「新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに昨秋から、『家づくりネット相談』『土地活用ネット相談』を始めました。資料も画面共有して説明できますし、対面と遜色なく案内できますが、まだまだ来店される人の方が多いです」と、和歌山インター展示場の所長・広川富雄さんは説明します。

同社では、設計や資金計画、土地探しなどあらゆる相談にウェブ会議用のツールを使って対応。来店不要で、家族の予定を調整しなくても、帰宅後や休日など団らんしているときに利用でき、特に小さな子どもがいる家庭にとっては利便性の高いサービス。「相談から打ち合わせまで“完全リモート”の実績は多くはないですが、何度か来店いただく中で、“次はリモートで”というケースは増えてきています」と、同じく和歌山インター展示場の内田知利さん。

また、同社は4月からモデルハウスのリモート見学もスタート。ホームページに3D動画を掲載し、もっと詳しく見たいという人には、営業担当がモデルハウスを映しながら案内。画面を通じて双方向のやりとりが可能で、完成見学会のオンライン化も。「今のご時勢、その方が施主さんに受けてもらいやすい」とも。

でも、気になるのがセキュリティーのこと。「ツールは、お客さまの使い勝手の良いものを選んでいただけますが、一部のツールでは書類のやりとりをお断りしているものも。また、契約は対面でさせていただいています」と広川さん。「これまで『ネット相談』を実施してきて、デメリットはなし。ただスマホよりパソコンの方がやり良いというのはありますが…。家づくりの“第一歩”を踏み出せないでいる人は、気軽に“ポチっ”としてみてください」と、内田さんは話していました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウジング

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. 家計簿をつけたことはあるけれど、なかなか続かず途中でリタイア…そんな苦い経験はありませんか。コロナ…
  2. 和歌山市の中心地、伏虎中学校跡地に建設が進められてきた和歌山県立医科大学薬学部が完成しました。4月…
  3. 日本でドライブスルーといえばハンバーガーチェーンに始まり、牛丼チェーン、コーヒーチェーン…と、これ…
  4. 今年も桜の季節が到来。桜といえば春を感じる行事、お花見!ですが、大勢でにぎやかに楽しむ“お花見宴会…
  5. 子どものころ誰しもお世話になった学校給食。懐かしくもあり、ちょっぴり苦い思い出という人もいると思い…

電子新聞 最新号

  1. 2021/4/8

    リビング和歌山4月10日号

    リビング和歌山4月10日号 家計簿をつけたことはあるけれど、なかなか続かず途中でリタイア…そんな苦い…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る