国内外の音楽家が和歌山に集結
2年ぶりの開催「きのくに音楽祭」
10月14日(金)〜16日(日)に和歌山市内で

 国内外のクラシック界を代表する音楽家が和歌山市内に集結―。音楽の祭典「きのくに音楽祭2022」(主催=同音楽祭実行委員会)が、10月14日(金)〜16日(日)に開かれます。新型コロナウイルスの影響で2年ぶりとなる音楽祭。総監督で指揮者・バイオリニストの澤和樹さん(写真)は「生演奏のすばらしさを再認識しながら、心のゆとり、幸せを感じていただける時間になれば」と話しています。

「きのくに音楽祭ならではのものを作り上げています。みんなで楽しみましょう」と語る澤さん

「きのくに音楽祭ならではのものを作り上げています。みんなで楽しみましょう」と語る澤さん

この祭典は、音楽家と地域の人が一緒に作り上げているのが特徴。出演者でもあるトップレベルの音楽家が、地元の小学校を訪れ、子どもたちに音楽芸術の楽しさや魅力を体感してもらうアウトリーチ(訪問演奏)と、ホールでのコンサートで構成しています(下)。

3回目の今年は「未来の音楽を聴かせて」がテーマ。ウェルカム・コンサートでは県ゆかりの音楽家が勢ぞろい。その中で、4人のソリストがビバルディの「四季」を演奏。東京藝術大学とヤマハが共同開発した人口知能(AI)を使い、音楽に合わせて動き出す映像(アニメーション)を取り入れているのも注目の一つ。関西では初披露となります。また、ヨーロッパのプロの室内合唱団のトップクラスに数えられる「ラトビア放送合唱団」が来日ツアー初の単独公演。洗練された美しい歌声を会場に響かせます。

他にも、モーツァルトの生涯に着目し、平和への祈りを込めた室内楽や、幼児〜プロのピアニストによるリレー形式の演奏など、趣向を凝らしたプログラムで訪れた人の心をつかみます。

コンサートの舞台は和歌山城ホールとメディア・アート・ホール(和歌山市西高松、県立図書館2階)の2会場。澤さんは「みんなで楽しむ参加型の音楽会。今回も全てのプログラムで質の高い演奏をお届けします。私もトークも含め、準備を進めていますので、ぜひ足を運んでください」と呼び掛けています。

TEL090(8172)7074音楽祭事務局

10月14日(金)
和歌山城ホール
 午後2時から「ウェルカム・コンサート」
 午後7時から「トリオ・アコードの世界」
10月15日(土)
メディア・アート・ホール
 午後2時から「モーツァルトの室内楽」
和歌山城ホール
 午後6時から「ラトビア放送合唱団」
10月16日(日)
和歌山城ホール
 午後2時から「若い芽チクルス」
 午後6時から「ファイナル・コンサート」

詳細は、きのくに音楽祭のホームページ(https://kinokuni-fes.com/)で確認を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. オリジナルアクセサリー、バッグデコ、プリザーブドフラワーを使った香水ボトル・ハートアレンジ、花咲く…
  2. リビング和歌山10月1日号「100年 話し合いで解決!調停制度」
    身の回りで起こるトラブルに対して裁判所が仲介し、話し合いによって解決を図る「調停制度」。1922年に…
  3. リビング和歌山9月24日号「和歌山の底力 世界一の日本酒が誕生」
    地元企業の「人」「もの」「こと」の魅力を掘り起こして紹介するシリーズ。第4回目は海南市の蔵元「平和…
  4. リビング和歌山9月17日号「詐欺被害額 約2倍に増加」
    これまで詐欺被害といえば「オレオレ詐欺」だったのが、最近では詐欺の手口が多様化し、『特殊詐欺』と呼ば…
  5. リビング和歌山9月10日号「森三中 大島美幸さん」
    9月25日は「主婦休みの日」。コロナ禍の今、家事分担について考えることも多いのでは。そこで芸人×妻…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山10月1日号「100年 話し合いで解決!調停制度」

    2022/9/29

    リビング和歌山10月1日号

    リビング和歌山2022年10月1日号 身の回りで起こるトラブルに対して裁判所が仲介し、話し合いによっ…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2022/8/4

    2022年8月6日号
  2. 2022/7/28

    2022年7月30日号
  3. 2022/7/21

    2022年7月23日号
  4. 2022/7/14

    2022年7月16日号
  5. 2022/7/7

    2022年7月9日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る