文武両道の先にある、出会いを求めて
“東大院生”がセーリングで世界に
和歌山市出身・西尾拓大さんが10月にアルゼンチンへ

現在は、神奈川県葉山町でヨットに勤しむ西尾さん(右)。研究との二刀流に奮闘中!

10月24日(木)~11月2日(土)に開催されるセーリングの世界選手権「2024スナイプ・ワールド・チャンピオンシップ」に、和歌山市出身の西尾拓大さんが日本代表として出場。ペアを組む柳澤球大朗さんと、南アメリカ・アルゼンチンでトップフィニッシュを狙います。海上のコースをヨットで進み、着順を競うセーリング競技。ヨットにはエンジンがなく、動力は風・波・潮だけです。そのため、地形や天候でレースの難易度は激変。西尾さんは、「2人乗りでの海外レース出場は初めて。良い成績を残すことはもちろんですが、楽しむ気持ちも忘れずに挑みます」と話します。

小学校3年生、「和歌山ジュニアヨットクラブ」でヨットデビューした彼は、世界の舞台を目指すセーリング選手でありながら“東大院生”の顔も持つ二刀流です。和歌山県立桐蔭中・高等学校を卒業後、東京大学に進学し、現在は東京大学大学院工学系研究科修士課程1年。東京大学運動会ヨット部のOBコーチとしても活躍しています。

華々しい経歴ですが、「大学受験は1年浪人していますし、今回の世界選手権も、2人乗りに転向した大学1年生から、憧れ続けた念願の舞台です」と西尾さん。彼が研究とヨットにそこまで没頭するのは、「世界の面白い人に出会ってみたい」という強い好奇心。その思いのためなら努力を惜しまず、「順風満帆ではなかったからこそ、今の自分があります。どちらかを諦める選択肢はありませんでした」とも。

スナイプ級(=ヨットの種別)の世界選手権出場は、西尾さん・柳澤さんが“東大ヨット部”初の快挙。「自分の実力を試したいのはもちろんですが、海外選手との交流やプレーで得た経験を、後輩たちに伝えたいです」と。現在、2人はクラウドファンディングを立ち上げ、世界選手権出場に向けて支援を募っています。詳細はこちら▶https://x.gd/8mcO9

 ペアの柳澤さん(右)と世界の舞台へ

ペアの柳澤さん(右)と世界の舞台へ

コーナー

関連キーワード

 

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

おすすめ記事

  1. リビング和歌山7月13日号「猛暑を乗り切る夏のスタミナ 鰻祭」
    今年の夏は、観測史上最も暑かった昨年に匹敵するほどの暑さになる可能性があるといわれています。 今…
  2. リビング和歌山7月6日号「リビング夏休み特別イベント 楽しく体験!和歌山の“さかな”」
     全国のリビング新聞ネットワークが取り組んでいる“さかなをたべよう!”キャンペーン。この夏、和歌山…
  3. リビング和歌山6月29日号「見た目鮮やか、フルーツたっぷり! 夏スイーツ」
    メロンやモモ、マンゴーなど、旬を迎えるフレッシュなフルーツをたっぷりと使った夏限定のスイーツ。ショ…
  4.  来年の国際博覧会(大阪・関西万博)を前に関西ではホテルの開業が相次いでいます。 和…
  5. リビング和歌山6月15日号「和歌山のクラフトコーラ」
    世界中で愛されているコーラですが、今回は地元和歌山のクラフトコーラをご紹介。“手作業”や“技巧”など…
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2024/7/11

    2024年7月13日号
  2. 2024/7/4

    2024年7月6日号
  3. 2024/6/27

    2024年6月29日号
  4. 2024/6/20

    2024年6月22日号
  5. 2024/6/13

    2024年6月15日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る