春のガーデニングスタイル
マイホームがより魅力的に
住まいを彩るシンボルツリー

玄関アプローチに植えられたシンボルツリーの一例

オーストラリア原産の樹木が人気

 部屋を模様替えするように、庭にもアレンジを効かせて、住まいをより心地よい居住空間にしませんか。ガーデンセンター「ガーデナーズジャパン海南店」(海南市南赤坂)の寒川渓太店長に、マイホームの魅力を引き立てる「シンボルツリー」の選び方や手入れ方法を聞きました。

 シンボルツリーとは、その名の通り、住まいを“象徴”する樹木のこと。「樹種によって家や庭の印象が変わり、その家らしい個性が生まれます」と、寒川店長は話します。「新築時や子どもの誕生祝いに植えるなど、記念樹の意味合いもあります」とも。
 樹木は生育スピードがゆっくりで、長い付き合いになるため、家族みんなが愛着を持てるシンボルツリーを選びたいものです。「木の種類は多彩。植栽に詳しい園芸店で、好みの木や、庭の形状、家の立地条件を伝えれば、それに適したシンボルツリーを薦めてくれます」

 自分で世話をするなら、手入れのしやすさにも重点を置いて。「オーストラリア原産の樹木は虫がつきにくく、落葉も少ないので、最近よく好まれています」。メラレウカ、アカシア、グレヴィレア、ユーカリなどがあり、洋風な庭に合うそう。
 和の庭は、新緑も紅葉も楽しめる四季を感じる雑木系が人気。「大きい落葉樹の下に低木のアジサイを植えれば、高低差を生かした奥行きのある庭になります」

 地植えの基本は、「根が十分に収まるように穴を50センチほど堀り、水はけが良いか確認後、花の培養土と真砂土(まさど)か赤玉土を混ぜて苗木を植えます。風による植え込み直後の転倒を防ぐために支柱も立てて」と寒川店長。「高く成長する木は、枝葉や根が広がり過ぎて隣地に入らないよう、植える場所にも注意を」とアドバイスします。

 穏やかな春はガーデニングが楽しい季節。休日にシンボルツリーを植えて、家族の絆を深めるのもいいですね。

ハウジング

関連キーワード

 

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

おすすめ記事

  1. リビング和歌山5月25日号「龍馬の想いを紡いだ 陸奥宗光の生涯」
    陸奥亮子の写真は、陸奥祥子さん(宗光の孫・陸奥イアン陽之助の妻)から提供  江戸末期に…
  2. リビング和歌山5月18日号「白良浜と扇ヶ浜でフライングディスクのビーチ競技、6月12日に開幕 ビーチアルティメット国際大会」
      プラスチック製・円盤状の遊具を使い、得点を競うスポーツ「フライングディスク」。その国際大会「WF…
  3. リビング和歌山5月11日号「和歌山県、旬の魚を訪ねて漁港巡り 健康と美活に栄養満点のカツオ 昨年に続いて今年も豊漁」
    カツオの豊漁で活気づく、すさみ漁港  全国のリビング新聞のネットワークでは今年、「さかなをたべよう!…
  4. プレミア和歌山認定品の毬玉アクセサリー、天然石や真鍮のアクセサリーやビーズ・スパンコール刺繍の作品…
  5. リビング和歌山4月27日号「 和歌山の平安時代を旅する 光る紀伊へ」
     平安時代ブーム。かつての皇族や貴族は、こぞって高野山や熊野三山を参詣し、聖地とその旅路にさまざま…
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2024/5/23

    2024年5月25日号
  2. 2024/5/16

    2024年5月18日号
  3. 2024/5/9

    2024年5月11日号
  4. 2024/4/25

    2024年4月27日号
  5. 2024/4/18

    2024年4月20日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る