毎日生き生き健康通信vol.1
これからが本番!
「初期療法」で 今年の花粉シーズンを乗り切る

出典/ホームページ「花粉なう」(運営=MSD製薬) 監修:福井大学医学部感覚運動医学講座耳鼻咽喉科・頭頸(けい)部外科学教授・藤枝重治

花粉症は、スギやヒノキ、キクやイネ科の雑草などの花粉が飛び散る時期に発症する季節性のアレルギー鼻炎です。くしゃみや鼻水が出る「鼻漏型」、鼻づまりがある「鼻閉型」、両方の症状が出る「充全型」があります。また、アレルギー性結膜炎を伴い、目のかゆみを訴える人もいます。

1回発症すると毎年症状が出ることから、2月~3月の花粉シーズンを前に、すでに気が重い人も多いのではないでしょうか。「咳(せき)が出る」「睡眠不足になる」「集中力が落ちる」など、生活の質(クオリティー・オブ・ライフ)が低下するのも厄介ですね。

花粉シーズンを乗り切るためにお勧めしたいのが「初期療法」です。花粉が飛び散る2週間前ごろから花粉シーズンが終わるまで、個々に合った抗アレルギー薬を飲み続けることで、症状が出る時期を遅らせたり、花粉の飛散量が多い時期の症状を軽くしたりする治療法です(左記グラフ参照)。日本気象協会の「2020年春の花粉飛散予測(第2報)」によると、和歌山県エリアは2月中旬から花粉が飛び始めるので、2月頭ごろから「初期療法」をスタートするといいですね。「初期療法」を行っても、症状が悪化した場合は、その症状に合った薬を同時に処方することもできます。

今まで花粉症と無縁だった人も、花粉などへの暴露量がある一定値を超えると突然発症するので要注意。花粉症は「鼻水が無色透明」「何度も連続してくしゃみが出る」「目や喉がかゆい」などの特徴がありますが、風邪の症状と似通ってもいます。気になる人は内科や耳鼻科、アレルギー科などの医療機関で血液検査や皮膚テストを受けましょう。
(辻本直貴)

 

店舗名和歌山駅前つじもと内科・呼吸器内科アレルギー科
電話番号073-476-5676
Webサイトhttps://wakayama-naika.com/
住所〒640-8341 和歌山市黒田95-5
診療時間(月・火・木・金)9:00-13:00 15:00-18:00
※水曜日・土曜日9:00-13:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの健康

関連キーワード

おすすめ記事

  1. ちょっとした変化を見逃さない 周囲が気づいて早めの対応が大切 「認知症」とは、さまざまな原因で…
  2. ストロング派も低アルコール派も “私の和歌山チューハイ”を見つけよう 国税庁統計によると、成人1…
  3. 集まれ! 子ども隊員 「うみわかまもるプロジェクト」スタート SDGsは「持続可能な開発目標」と…
  4. 和歌山市近郊の人たちになじみ深い「四季の郷公園」。エントランス部分がリニューアルし、「FOOD H…
  5. 今なお、全世界で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症。この半年間で私たちの生活は大きく変化しました…

電子新聞 最新号

  1. 2020/8/6

    リビング和歌山8月8日号

    リビング和歌山8月8日号 高齢の親との会話や行動に「あれっ?」と感じたら、もしかすると認知症かもしれ…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る