毎日生き生き健康通信vol.9
秋にも注意したい“花粉症”
身近なイネや草花にも注意して

花粉症といえば、春先のスギやヒノキを思い浮かべますが、実は夏や秋にも花粉症はあります。

昨年のことを思い出してみてください。ちょうど同じような時期に鼻がモゾモゾしたり、喉がイガイガしたりしませんでしたか? スギ・ヒノキのシーズンではなくても、毎年同じ時期に花粉症のような症状が出る…。そんなときは、それぞれの季節の花粉症かもしれません。例えば、今の時期ならイネ科の「オオアワガエリ」や「カモガヤ」、秋は「ブタクサ」「ヨモギ」「カナムグラ」が代表的。どれも身近な場所で自生する雑草や草花です(下記参照)。イネ科に反応する人なら、稲刈りのシーズンに不調が見られる場合もあります。

秋の花粉症の症状は、目のかゆみや鼻水などの一般的なものに加えて、喉がかゆくなって、咳(せき)が多くなることもあります。ただし、今年はマスクを着用していることが多いので、一般的な症状が出ずに、例えば皮膚トラブルなど、普段とは違うアレルギー症状が見られるケースも考えられます。心当たりがある人は、アレルギー検査をしてみることをおすすめします。検査の結果、季節性の花粉症だと分かれば、早めの対症療法ができます。また、来年からは、症状が出るまでに治療を始める「初期療法」を取り入れることもできます。一度、内科やアレルギー科などで相談してみましょう。

また、花粉症患者が、特定の野菜や果物を生で食べたときに、唇や口、喉などにイガイガ感やかゆみ・腫れなどアレルギー症状を引き起こす事例が報告されています。例えば、イネ科の花粉症患者ならメロンやスイカ、トマト、オレンジなど。軽い症状なら構いませんが、まれにアナフィラキシーショックといった重篤な場合もあるので注意してください。
(辻本直貴)

夏と秋の花粉~草花編~

4月~11月
オオアワガエリ、カモガヤ (イネ科)
7月~11月
ブタクサ(キク科)▶
オオブタクサ(キク科)
ヨモギ(キク科)▶
8月~11月
カナムグラ(アサ科)

 

店舗名和歌山駅前つじもと内科・呼吸器内科アレルギー科
電話番号073-476-5676
Webサイトhttps://wakayama-naika.com/
住所〒640-8341 和歌山市黒田95-5
診療時間(月・火・木・金)9:00-13:00 15:00-18:00
※水曜日・土曜日9:00-13:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの健康

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. リビング和歌山9月25日号「まだまだ見~つけた! 神出鬼没のキッチンカーPart2」
     コロナ禍でお出掛けがはばかられるゴールデンウイーク前に掲載した「キッチンカー特集」。身近な場所で…
  2. リビング和歌山9月18日号「こだわりが詰まっています! 第3弾はスーパーの弁当総選挙」
     第1・2弾と好評だった「惣菜(そうざい)総選挙」。第3弾は、“味覚の秋”に食欲をかきたてる「弁当…
  3. スマホだけが快適になるんじゃない! 対応エリアが拡大中の 「5G」で“未来”が現実にイメージ
     2007年に米・アップル社から「iPhone(アイフォン)」が発売され、全世界に爆発的な勢いで「…
  4. top_リビング和歌山9月4日号イメージ
    今秋、和歌山県で初開催となる文化の祭典「第36回国民文化祭・わかやま2021」「第21回全国障害者…
  5. リビング和歌山8月28日号イメージ
    『リビング和歌山』の前身である 『サンケイリビング和歌山』は1979年10月20日に創刊。 今…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山9月25日号「まだまだ見~つけた! 神出鬼没のキッチンカーPart2」

    2021/9/23

    リビング和歌山9月25日号

    リビング和歌山9月25日号 コロナ禍でお出掛けがはばかられるゴールデンウイーク前に掲載した「キッチン…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る