治療の最前線! 専門医に聞くvol.11
関節リウマチは早期に治療開始を
関節の破壊・変形が進むのを防ぐ

関節リウマチは自己免疫異常の疾患で、日本の有病率は0・5〜1・0%、100〜200人に1人はいるとされ、意外と多い病気です。40代の中高年の女性に多いですが、今年4月当院に開設したリウマチ・膠原(こうげん)病科では高齢患者も多く、また、若年や男性でも発症します。

手足の指や肘、膝など、全身のさまざまな関節で炎症が起こり、痛みや腫れが生じ、朝はこわばるなどの特徴があります。進行すると関節が破壊・変形し、以前はゆるやかに症状が進むと考えられていましたが、近年、発症早期に急速に進行することが分かり、医療の進歩によって早期に適切な治療を始めれば、関節破壊の進行抑制が期待できるようになりました。発症後できるだけ早く治療を始めることが大切です。

関節痛といっても、加齢による関節の変形や更年期によるもの、甲状腺機能の異常によるものなど、原因はさまざま。すぐに“リウマチ”と疑うことは少ないかもしれませんが、関節の痛みや腫れが何週間も続く場合や、複数の関節で痛みがあるときなどは、まずは専門医を受診しましょう。整形外科を受診する患者さんも多いので、医師同士の連携も重要です。

診断は、関節の触診に加えて血液検査やレントゲン、さらにMRI、関節の超音波検査などにより総合的に行います。関節リウマチなら、肺や血管、神経にも障害が出る場合があり、全身の診察が必要です。内服薬や点滴など治療法はさまざまで、一人一人の症状に合う方法で、進行を抑えることを目指します。

安武美紗生医師

安武美紗生医師

(済生会和歌山病院 リウマチ・膠原病科 医師・安武美紗生)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの健康

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. オリジナルアクセサリー、バッグデコ、プリザーブドフラワーを使った香水ボトル・ハートアレンジ、花咲く…
  2. リビング和歌山10月1日号「100年 話し合いで解決!調停制度」
    身の回りで起こるトラブルに対して裁判所が仲介し、話し合いによって解決を図る「調停制度」。1922年に…
  3. リビング和歌山9月24日号「和歌山の底力 世界一の日本酒が誕生」
    地元企業の「人」「もの」「こと」の魅力を掘り起こして紹介するシリーズ。第4回目は海南市の蔵元「平和…
  4. リビング和歌山9月17日号「詐欺被害額 約2倍に増加」
    これまで詐欺被害といえば「オレオレ詐欺」だったのが、最近では詐欺の手口が多様化し、『特殊詐欺』と呼ば…
  5. リビング和歌山9月10日号「森三中 大島美幸さん」
    9月25日は「主婦休みの日」。コロナ禍の今、家事分担について考えることも多いのでは。そこで芸人×妻…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山10月1日号「100年 話し合いで解決!調停制度」

    2022/9/29

    リビング和歌山10月1日号

    リビング和歌山2022年10月1日号 身の回りで起こるトラブルに対して裁判所が仲介し、話し合いによっ…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2022/8/4

    2022年8月6日号
  2. 2022/7/28

    2022年7月30日号
  3. 2022/7/21

    2022年7月23日号
  4. 2022/7/14

    2022年7月16日号
  5. 2022/7/7

    2022年7月9日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る