治療の最前線! 専門医に聞くvol.11
関節リウマチは早期に治療開始を
関節の破壊・変形が進むのを防ぐ

関節リウマチは自己免疫異常の疾患で、日本の有病率は0・5〜1・0%、100〜200人に1人はいるとされ、意外と多い病気です。40代の中高年の女性に多いですが、今年4月当院に開設したリウマチ・膠原(こうげん)病科では高齢患者も多く、また、若年や男性でも発症します。

手足の指や肘、膝など、全身のさまざまな関節で炎症が起こり、痛みや腫れが生じ、朝はこわばるなどの特徴があります。進行すると関節が破壊・変形し、以前はゆるやかに症状が進むと考えられていましたが、近年、発症早期に急速に進行することが分かり、医療の進歩によって早期に適切な治療を始めれば、関節破壊の進行抑制が期待できるようになりました。発症後できるだけ早く治療を始めることが大切です。

関節痛といっても、加齢による関節の変形や更年期によるもの、甲状腺機能の異常によるものなど、原因はさまざま。すぐに“リウマチ”と疑うことは少ないかもしれませんが、関節の痛みや腫れが何週間も続く場合や、複数の関節で痛みがあるときなどは、まずは専門医を受診しましょう。整形外科を受診する患者さんも多いので、医師同士の連携も重要です。

診断は、関節の触診に加えて血液検査やレントゲン、さらにMRI、関節の超音波検査などにより総合的に行います。関節リウマチなら、肺や血管、神経にも障害が出る場合があり、全身の診察が必要です。内服薬や点滴など治療法はさまざまで、一人一人の症状に合う方法で、進行を抑えることを目指します。

安武美紗生医師

安武美紗生医師

(済生会和歌山病院 リウマチ・膠原病科 医師・安武美紗生)

みんなの健康

関連キーワード

 

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

おすすめ記事

  1.  来年の国際博覧会(大阪・関西万博)を前に関西ではホテルの開業が相次いでいます。 和歌山県内では…
  2. リビング和歌山6月15日号「和歌山のクラフトコーラ」
    世界中で愛されているコーラですが、今回は地元和歌山のクラフトコーラをご紹介。“手作業”や“技巧”など…
  3. リビング和歌山6月8日号「子どもの間で広がる「頭脳スポーツ」 麻雀が再ブレーク」
     “大人の娯楽”といったイメージが強かった麻雀が一転。頭脳スポーツとして麻雀を打ち出したプロリーグ戦…
  4. リビング和歌山6月1日号「和歌山県で回収実証プロジェクトがスタート 天ぷら油で飛行機を飛ばす!?」
     6月は環境月間。家で揚げ物に使った油は、その後どうしていますか? たいていは、固めたり、紙に吸わせ…
  5. リビング和歌山5月25日号「龍馬の想いを紡いだ 陸奥宗光の生涯」
    陸奥亮子の写真は、陸奥祥子さん(宗光の孫・陸奥イアン陽之助の妻)から提供  江戸末期に…
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2024/6/20

    2024年6月22日号
  2. 2024/6/13

    2024年6月15日号
  3. 2024/6/6

    2024年6月8日号
  4. 2024/5/30

    2024年6月1日号
  5. 2024/5/23

    2024年5月25日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る