治療の最前線! 専門医に聞くvol.14
がん検診は定期的に
自覚症状なく、早期発見がカギ

当院の内視鏡センターでは、胃・食道・大腸の早期がんの早期発見と、治療に重点を置いています。コロナ禍の検診控えが心配されていますが、最近は、やはり消化管でも、進行したがんが見つかるケースが少し増えているように感じます。

胃や食道、大腸の早期がんは、ほぼ自覚症状がないので、大切なのは“検診”です。何か違和感がある場合はもちろんのこと、特に異常を感じなくても、定期的にがん検診を受けることをおすすめします。市町村の検診は、胃がんは50歳以上で2年に1回、大腸がんは40歳以上で1年に1回が対象となります。食道がんは、胃の内視鏡検査(胃カメラ)で調べることができます。

ただ、検診で胃炎や胃潰瘍などが見つかった場合は、その症状により、毎年検査を受ける方がよい場合があります。また、胃の検診でピロリ菌が見つかった場合は、除菌しましょう。ピロリ菌は萎縮性胃炎を引き起こす原因となり、この萎縮性胃炎が胃がんに進行していきます。ピロリ菌の除菌には、薬を服用します。

近年は衛生環境が良くなって、昔と比べるとピロリ菌は少なくなっています。しかし、胃がんの原因は、すべてがピロリ菌というわけではありません。ピロリ菌が原因でない胃がんもありますので、やはり、検診で早期発見を。胃に限らず、食道、十二指腸、大腸のがんは、早期で小さいうちに見つかれば、内視鏡で切除でき、入院も短期間ですみます。がんが進行して大きくなると、手術が必要になって体の負担も大きくなります。そうなる前に治療したいですね。

田端康人医師

田端康人医師

(済生会和歌山病院消化器内科・医師・田端康人)

みんなの健康

関連キーワード

 

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

おすすめ記事

  1.  来年の国際博覧会(大阪・関西万博)を前に関西ではホテルの開業が相次いでいます。 和歌山県内では…
  2. リビング和歌山6月15日号「和歌山のクラフトコーラ」
    世界中で愛されているコーラですが、今回は地元和歌山のクラフトコーラをご紹介。“手作業”や“技巧”など…
  3. リビング和歌山6月8日号「子どもの間で広がる「頭脳スポーツ」 麻雀が再ブレーク」
     “大人の娯楽”といったイメージが強かった麻雀が一転。頭脳スポーツとして麻雀を打ち出したプロリーグ戦…
  4. リビング和歌山6月1日号「和歌山県で回収実証プロジェクトがスタート 天ぷら油で飛行機を飛ばす!?」
     6月は環境月間。家で揚げ物に使った油は、その後どうしていますか? たいていは、固めたり、紙に吸わせ…
  5. リビング和歌山5月25日号「龍馬の想いを紡いだ 陸奥宗光の生涯」
    陸奥亮子の写真は、陸奥祥子さん(宗光の孫・陸奥イアン陽之助の妻)から提供  江戸末期に…
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2024/6/20

    2024年6月22日号
  2. 2024/6/13

    2024年6月15日号
  3. 2024/6/6

    2024年6月8日号
  4. 2024/5/30

    2024年6月1日号
  5. 2024/5/23

    2024年5月25日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る