治療の最前線! 専門医に聞くvol.14
がん検診は定期的に
自覚症状なく、早期発見がカギ

当院の内視鏡センターでは、胃・食道・大腸の早期がんの早期発見と、治療に重点を置いています。コロナ禍の検診控えが心配されていますが、最近は、やはり消化管でも、進行したがんが見つかるケースが少し増えているように感じます。

胃や食道、大腸の早期がんは、ほぼ自覚症状がないので、大切なのは“検診”です。何か違和感がある場合はもちろんのこと、特に異常を感じなくても、定期的にがん検診を受けることをおすすめします。市町村の検診は、胃がんは50歳以上で2年に1回、大腸がんは40歳以上で1年に1回が対象となります。食道がんは、胃の内視鏡検査(胃カメラ)で調べることができます。

ただ、検診で胃炎や胃潰瘍などが見つかった場合は、その症状により、毎年検査を受ける方がよい場合があります。また、胃の検診でピロリ菌が見つかった場合は、除菌しましょう。ピロリ菌は萎縮性胃炎を引き起こす原因となり、この萎縮性胃炎が胃がんに進行していきます。ピロリ菌の除菌には、薬を服用します。

近年は衛生環境が良くなって、昔と比べるとピロリ菌は少なくなっています。しかし、胃がんの原因は、すべてがピロリ菌というわけではありません。ピロリ菌が原因でない胃がんもありますので、やはり、検診で早期発見を。胃に限らず、食道、十二指腸、大腸のがんは、早期で小さいうちに見つかれば、内視鏡で切除でき、入院も短期間ですみます。がんが進行して大きくなると、手術が必要になって体の負担も大きくなります。そうなる前に治療したいですね。

田端康人医師

田端康人医師

(済生会和歌山病院消化器内科・医師・田端康人)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの健康

関連キーワード

 

交通安全バナー2022贈呈式

交通安全バナー2022贈呈式

おすすめ記事

  1. 猫雑貨、アクセサリー、ブリザーブドフラワーを使った室内飾り、ハーバリウム、Decoシールなど、さま…
  2. リビング和歌山12月3日号「観光庁の支援事業で新商品誕生! 紀の川フルーツの魅力を ギュッと詰め込んで」
    百貨店と行政がタッグを組んで 魅力ある新商品を開発 左)紀の川フルーツ観光局 事務局次長・南條…
  3.  心も届けるハンドメードの魅力―。描いて癒やされ、送って喜ばれる「手作り年賀状」の3講座が12月に…
  4. クリスマスシーズン到来!おすすめのクリスマスケーキや、華やかなディナー、大切な人へのプレゼントにぴっ…
  5. リビング和歌山11月19日号「ドングリから 森を育て、山を守る“戻り苗(もどりなえ)”」
    かわいい苗を育てることで、離れた場所でも“森づくり”や“山づくり”に貢献できる「戻り苗」。ドングリ…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山12月3日号「観光庁の支援事業で新商品誕生! 紀の川フルーツの魅力を ギュッと詰め込んで」

    2022/12/1

    リビング和歌山12月3日号

    リビング和歌山2022年12月3日号 百貨店と行政がタッグを組んで 魅力ある新商品を開発 ■フロント…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2022/12/1

    2022年12月3日号
  2. 2022/11/24

    2022年11月26日号
  3. 2022/11/17

    2022年11月19日号
  4. 2022/11/3

    2022年11月5日号
  5. 2022/10/27

    2022年10月29日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る