治療の最前線! 専門医に聞くvol.5
非アルコール型脂肪性肝炎
生活習慣病に注意を

私たち消化器内科は、消化管や肝臓、胆のう、膵(すい)臓など消化器全般の病気において、地域の診療所とも連携を図りながら迅速に診断し、早期に治療計画を立てることを目指しています。胃・大腸の内視鏡検査では必要に応じてポリープを切除するなど、患者さんの負担軽減に努めています。

日本肝臓学会認定専門医として肝臓病治療にも力を入れ、B型・C型肝炎には抗ウイルス治療薬を用い、肝がんにはラジオ波焼灼(しょうしゃく)療法やマイクロ波凝固療法を取り入れています。

近年増加が心配されているのが“ナッシュ(非アルコール性脂肪肝炎)”。アルコールをほとんど飲まない人で、脂肪肝により慢性肝炎になったり、肝硬変、さらには肝がんに進行する恐れがある病気です。肥満や糖尿病、高脂血症といった生活習慣病を伴っていることが多く、肝臓に脂肪が蓄積して脂肪肝になり、だんだんと肝臓の繊維が固くなって肝硬変になってしまうケースがあります。厄介なのは、ナッシュの治療法がまだ確立されていないこと。生活習慣病が引き金となっているので、食事療法や運動など、生活習慣の改善などで対処するにとどまっています。この治療薬について、今まさに研究が進んでいる最中で、当院はその治験に参加しています。

ナッシュは自覚症状がない病気。脂肪肝だと診断され、何もせずにいると、知らないうちに病態が進行し、肝硬変に…というケースも。詳しい検査は、腹部エコーで肝硬度を測定し、必要な場合は肝生検で診断をします。気になる人は、専門医を受診しましょう。

(済生会和歌山病院消化器内科部長・川口雅功)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの健康

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. リビング和歌山1月15日号「わが家の\ちょい足しTKGコンテスト/」
     10月30日号の紙面で皆さんから募集したTKGのちょい足しレシピ。編集部で再現してみました。「マ…
  2. リビング和歌山1月8日号「全国のリビング新聞編集長がセレクト2022年にちなんでニコニコプレゼント」
    リビング新聞からのお年玉として、全国リビングネットワーク・提携各紙から大プレゼント! 今年は「20…
  3. リビング和歌山2021年末年始「和歌山県内に暮らす外国人に聞いてみた そうなの!世界のお正月」
     日本ではお正月に、おせち料理を食べるなどの風習があります。海外はどうなのでしょうか? そこで、和…
  4. リビング和歌山12月18日号「歳末の活気あふれる〝市〟でお買い物」
      来週のクリスマスが終わるといよいよ年の瀬。世間は一気にお正月ムードに様変わり。今冬は、原油高、…
  5. リビング和歌山12月11日号「第6波に備える 和歌山新型コロナ検証」
     第5波の自粛が解かれ、クリスマスや年末年始を迎えます。しかし、感染が落ち着いているからといって油…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山1月15日号「わが家の\ちょい足しTKGコンテスト/」

    2022/1/13

    リビング和歌山1月15日号

    リビング和歌山2022年1月15日号 10月30日号の紙面で皆さんから募集したTKGのちょい足しレシ…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る