治療の最前線! 専門医に聞くvol.6
顔面の痛みや痙攣に悩む人が多い
専門外来を開いて分かったこと

済生会和歌山病院で「三叉(さんさ)神経痛・片側顔面痙攣・舌咽神経痛」の専門外来を開設し、1年5カ月がたちました。三叉神経痛とは、口を動かしたときなどに顔面の一部に耐え難い激痛が起こる病気。10万人に10人ほどといわれる病気なのですが、専門外来の新規患者はすでに約160人を数えました。これだけ多くの人が顔面の痛みや痙攣に困っていること、中年以降の女性に多いこと、どの診療科に行けば良いか分からずに悩んでいる人が多いこと、などが分かりました。

片側顔面痙攣は痛みはありませんが、目や口の周りが常に痙攣し、ひどくなると顔が引きつり、人前に出るのが嫌になります。舌咽神経痛は、三叉神経痛のような激痛が喉の奥に起こります。飲食や話すだけでも激痛が起こるので、日常生活を送ることも困難です。

これら3つの病気は、頭蓋内部で脳神経が脳血管に圧迫されていることが原因で起こるので、MRI検査で圧迫を確認して診断します。圧迫が確認できれば、手術により圧迫をなくすことで完全治癒が可能。根本治療ではありませんが、薬や注射で症状を抑える方法もあり、患者さん自身が納得して治療法を選べるよう、相談して進めます。

専門外来で診察した患者さんが、すべてこの3つの病気だったわけではありません。よく似た症状の他の病気も複数あります。脳腫瘍が見つかったケースや、脳に異常がなくて精神的なストレスが原因で起こる顔面(歯)痛も。どの場合にしても、その症状を専門的に調べることが大切です。
(済生会和歌山病院副院長・脳神経外科部長小倉光博)

済生会和歌山病院 小倉光博副院長

小倉光博副院長


みんなの健康

関連キーワード

 

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

おすすめ記事

  1.  来年の国際博覧会(大阪・関西万博)を前に関西ではホテルの開業が相次いでいます。 和歌山県内では…
  2. リビング和歌山6月15日号「和歌山のクラフトコーラ」
    世界中で愛されているコーラですが、今回は地元和歌山のクラフトコーラをご紹介。“手作業”や“技巧”など…
  3. リビング和歌山6月8日号「子どもの間で広がる「頭脳スポーツ」 麻雀が再ブレーク」
     “大人の娯楽”といったイメージが強かった麻雀が一転。頭脳スポーツとして麻雀を打ち出したプロリーグ戦…
  4. リビング和歌山6月1日号「和歌山県で回収実証プロジェクトがスタート 天ぷら油で飛行機を飛ばす!?」
     6月は環境月間。家で揚げ物に使った油は、その後どうしていますか? たいていは、固めたり、紙に吸わせ…
  5. リビング和歌山5月25日号「龍馬の想いを紡いだ 陸奥宗光の生涯」
    陸奥亮子の写真は、陸奥祥子さん(宗光の孫・陸奥イアン陽之助の妻)から提供  江戸末期に…
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2024/6/20

    2024年6月22日号
  2. 2024/6/13

    2024年6月15日号
  3. 2024/6/6

    2024年6月8日号
  4. 2024/5/30

    2024年6月1日号
  5. 2024/5/23

    2024年5月25日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る