理想の終活は?
超個人的 最終回の美学

テレビのツムジ

理想の終活は?
超個人的 最終回の美学

ここでテレビのアレコレについて書かせてもらって、もうすぐ7年。だが、悲しいかな、いつか必ず最終回は来る。しかも、それは突然に。先日、僕が11年間担当している番組の終了が突然、発表された。悲しいが、長年に渡り、ワガママを聞いてくれたと感謝の気持ちが大きい。というのは、やはり建前で、本音を言うと、長編小説を書けるぐらいの何かがある。連日、「はぁぁ~」というため息ばかりが出ることで、察してほしい。今まで多くの最終回を体験してきた。よくあることだが、最終回前には企画が振り切り、すごい数字を取ることがある。「終わらなくても」という声が上がるのは、いわゆる“最終回あるある”。他にも、最終回になるとスタッフ全員がカメラに映り、「今までありがとうございました」ということも。でも、それって視聴者には関係のないことで、単なる制作者のエゴだ。いつものように、スッと終わる。これが、僕なりの最終回の美学。その担当番組もいつものように、有終の美を飾りたい。というわけで、来月から飯の種が一つ減ることに。これを機に、減量でもするか。
※次回は9月11日号に掲載

テレビのツムジ 関西の放送作家がバッサリ!
文:岡内義人
読売テレビ「土曜はダメよ」「かんさい情報ネットten.」、ABCラジオ「征平・吉弥の土曜も全開」など番組構成や、テレビCMなどを手がける
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. リビング和歌山9月25日号「まだまだ見~つけた! 神出鬼没のキッチンカーPart2」
     コロナ禍でお出掛けがはばかられるゴールデンウイーク前に掲載した「キッチンカー特集」。身近な場所で…
  2. リビング和歌山9月18日号「こだわりが詰まっています! 第3弾はスーパーの弁当総選挙」
     第1・2弾と好評だった「惣菜(そうざい)総選挙」。第3弾は、“味覚の秋”に食欲をかきたてる「弁当…
  3. スマホだけが快適になるんじゃない! 対応エリアが拡大中の 「5G」で“未来”が現実にイメージ
     2007年に米・アップル社から「iPhone(アイフォン)」が発売され、全世界に爆発的な勢いで「…
  4. top_リビング和歌山9月4日号イメージ
    今秋、和歌山県で初開催となる文化の祭典「第36回国民文化祭・わかやま2021」「第21回全国障害者…
  5. リビング和歌山8月28日号イメージ
    『リビング和歌山』の前身である 『サンケイリビング和歌山』は1979年10月20日に創刊。 今…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山9月25日号「まだまだ見~つけた! 神出鬼没のキッチンカーPart2」

    2021/9/23

    リビング和歌山9月25日号

    リビング和歌山9月25日号 コロナ禍でお出掛けがはばかられるゴールデンウイーク前に掲載した「キッチン…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る