相続物件を売却するには何から始めてどうすれば? ③
調査と保険で安心感
インスペクションを受けよう

見た目も大事、建物内外部の手入れを

和歌山県宅地建物取引業協会の広報啓発委員長・岩端芳則さんに、相続物件の売却についてアドバイスしてもらうシリーズ。宅建業者と媒介契約を結んだら、いよいよ販売開始となりますが、「その前に、インスペクション(建物状況調査)について触れておきますね」と岩端さん。

中古物件の売買において、「契約後に欠陥が判明したら…」という心配は売り主にも買い主にもつきもの。「双方の不安を解消するためにも、インスペクションを受けてみてはいかがでしょうか」と、岩端さんは言います。インスペクションとは、住宅(戸建て・マンション)の基礎や外壁のひび割れ、雨漏りといった家屋の劣化状況や不具合を専門家が調査すること。2018年4月、「建物状況調査」について売り主、買い主双方に伝え、希望により実施する場合は、調査事業者をあっせんすることが、宅建業者に義務付けられました。

「インスペクションの実行件数は非常に少ないのが現状ですが、受けてから売りに出すと、取り引き後のクレーム回避、競合物件との差別化にもなります」とのこと。

インスペクションを受けて、「既存住宅売買瑕疵(かし)保険」を付保しておけば、建物の主要な部分で隠れた瑕疵が見つかった場合に、売り主が負うべき修補費用などが保証されるので、「購入希望者に調査と保険の“保証付き住宅”として安心感を与えますよね」

また、家を探している人にとって、購入の検討に値するかどうかは、物件の見た目も重要。「相続物件だと長年空き家になっていたケースも少なくありません。こまめに風を通し、建物内外部を清掃、整理整頓して、見学者の来訪に備えましょう。特に水回りは意識して! たとえ購入希望者がリフォームを前提としていたとしても、丁寧に住んでいたことを見せるのは大事なこと」とも。

販売開始後、媒介契約を結んだ宅建業者から経過報告を受けながら、半年、1年と“動き”がなければ、売り出し価格の見直し、別の販売方法も検討してみましょう。

 

和歌山県宅地建物取引業協会の広報啓発委員長・岩端芳則さん

不動産に関する相談は宅建協会まで

お問い合わせ073(472)4600
営業時間午後1時~4時半
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウジング

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. リビング和歌山12月4日号「女性ハンターが活躍中!」
    イノシシやシカの狩猟が解禁されました(和歌山県は来年3月15日まで)。野生の鳥獣による農作物の被害…
  2. リビング和歌山11月27日号「いつもの飾り付けに、あなたらしさをプラス 今年はワクワク膨らむマイクリスマス」
     12月24日まで1カ月を切り、華やかなクリスマスシーズンが到来。ワクワク気分を高めてくれるクリス…
  3. クリスマスシーズン到来!おすすめのクリスマスケーキや、華やかなディナー、大切な人へのプレゼントにぴっ…
  4. 年の門出を祝うご馳走を 1年を竹の節のように区切り、お盆や正月といった特別な日を節(せち)と呼んだ…
  5. リビング和歌11月20日号「校区外から加太小・中学校への就学が可能に アットホームな学校生活を」
    来年度から、和歌山市立加太小・中学校に通学区域以外の子どもも就学が可能に。大規模の学校とは違った環…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山12月4日号「女性ハンターが活躍中!」

    2021/12/2

    リビング和歌山12月4日号

    リビング和歌山12月4日号 イノシシやシカの狩猟が解禁されました(和歌山県は来年3月15日まで)。野…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る