24時間365日換気と空調で快適な暮らし
高気密・高断熱+全館空調
メリット・デメリット

温度差なしでヒートショックの防止に

国が、「消費するエネルギーを抑えた住宅=省エネ住宅」の普及に力を入れていることもあって、昨今は、高気密・高断熱を標準仕様に掲げる住宅メーカーが大半。さらに、気密性・断熱性能の向上、エアコン・換気システムの技術革新などを背景に、「全館空調」を提案するメーカーも増えてきています。今年1月に全館空調の家「グラン」を商品化した「紀の国住宅」(和歌山市餌差町)の一級建築士・尾﨑傑さんに、快適性や電気代のことなど、気になる質問に答えてもらいました。

紀の国住宅の全館空調の家(イメージパース)

「全館空調の話の前に、換気の説明を少し。シックハウス症候群を防ぐために、2003年以降に建てられた住宅には、24時間換気システムを設置することが義務付けられていて、室内の空気が2時間で入れ替わることが基準とされています」と尾﨑さん。「外から入るPM2・5や花粉などをフィルターでシャットアウトして、家の中にきれいな空気を取り込み、なおかつ1台のエアコンで浴室を除く家中の室温を一定に管理するのが全館空調です」と話します。

導入のメリットとしては、家の中の温度差がないので、どの部屋も快適で、今社会問題として注目されている「ヒートショック」の防止に。また、換気と空調で室内干しでも洗濯物が乾きやすく、窓を開けて換気をする必要がないためホコリが立ちにくいのだとか。
でも、本当に家の中の温度差はないのでしょうか。「西日が差し込む部屋、開口部が大きい南向きのリビングなど多少の差は生じますが、階段や廊下、洗面所やトイレにも涼しさ、暖かさが行き渡ります。メーカーによっては部屋ごとや階層、ゾーンで温度調整が可能。風量もコントロールできます」と。とはいうものの、電気代が心配。「個別エアコンに比べて安くなることはないですが、高気密・高断熱なので思っているほどではないと思います」とのこと。

あと、怖いのが故障。真夏に全室冷房が使えないとなると…。「それは確かにデメリットの一つ。弊社では、保険としてリビングにルームエアコンを設置することを推奨しています。気密性が高いので、量販店で売っている小型のエアコンで十分まかなえます。デメリットでいえば、冬場は乾燥しやすいので加湿器も必需」と教えてくれました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウジング

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. 7月23日に東京五輪が開幕。一部の競技を除いて無観客開催となったものの、熱き戦い、感動の瞬間はテレ…
  2. 夏休みの工作にもぴったりのワークショップが、7月29日(木)~8月10日(火)まで近鉄百貨店和歌山…
  3. リビング和歌山7月17日ガブリと味わうだけじゃない、多彩な楽しみ 今日からあなたも スイカにぞっこん
     真っ赤な果肉、爽やかな甘さが魅力的なスイカ。近年人気の「小玉スイカ」有数の生産地でありながら、和…
  4. 日本遺産の地・太地町の海で クジラにキュン♡
     和歌山県の太地町は、日本遺産「鯨(くじら)とともに生きる」の核となる町。クジラとのつながりが深い…
  5. 関西エリア屈指の星空スポットとして知られている「みさと天文台」(紀美野町松ケ峯)が、約1年間の大…

電子新聞 最新号

  1. 2021/7/22

    リビング和歌山7月24日号

    リビング和歌山7月24日号 7月23日に東京五輪が開幕。一部の競技を除いて無観客開催となったものの、…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る