WAKAYAMASMILE
元気始める。

今なお、全世界で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症。この半年間で私たちの生活は大きく変化しました。“おうち時間”“オンライン飲み会”“テレワーク”といった新たなライフスタイルが生まれ、“マスクの着用”“3密(密閉・密集・密接)の回避”“ソーシャルディスタンス”など新しい生活様式のもと、少しずつ日常に戻りつつある一方、いまだ終息の兆しは見えず、未知のウイルスに対する不安はぬぐえません。

昨年末に中国・武漢市で症例が確認されて以降、横浜港に寄港したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の集団感染で国内の感染者数が激増、和歌山県では全国的にも早い時期に院内感染が発生し、県民の憂いが一気に広がりました。そうした状況下、和歌山リビング新聞社は、地域のメディアとして、「わかやまを元気にしたい」との思いで、日ごろお世話になっている県内の企業、事業所、店舗などと思いを共にして、「がんばろう、和歌山。」のメッセージを発信。緊急事態宣言発令後の最も苦しい時期には、「一人一人の心がけ一つ一つが、元気な和歌山を取り戻す」と、「新型コロナウイルス対策中」のオリジナルポスターを製作し、会社やお店、家庭で自由に使ってもらえるようにしました。

そして次なるステップが、「WAKAYAMA SMILE(スマイル)」です。まだまだ、コロナ不安・ストレスとは隣り合わせの日々が続きそうですが、ただおびえているだけでは、和歌山は元気になりません。和歌山県も、8月から始まる国の観光需要喚起策「Go To キャンペーン」に先駆けて、県独自の観光振興策「蘇(よみがえ)りの地、わかやま」キャンペーン(下記参照)をスタートさせました。まずは県民の県内需要を喚起し、状況を見ながら県外や海外からも誘客する方針で、事態の収束後を見据えて動き出しています。県外への往来自粛は解除されましたが、こんなときだからこそ、今一度、“わがまち”に目を向けてみてはいかがでしょうか。和歌山に暮らす皆さんが“和歌山を楽しみ”“和歌山にプライドを持つ”ことが、和歌山の「元気 始める。」と考え、今号にその思いを込めました。

わかやまリフレッシュプラン割引適用

地域情報紙の取材網を生かした、私たちだからこそ企画できる
「がんばろう、和歌山。大人女子旅」を実現しました
(旅行企画=和歌山リビング新聞社、旅行・実施=中紀バス)

“夏×和歌山”といえば白浜。ありきたりな白浜観光ではなく、“大人女子っぽい白浜グルメ&夏遊び”を提案します。 ランチは、和歌山のブランドサバ「こりゃ! うめぇサバ」が釣り堀で泳いでいる「和歌山県おさかな村」で、サバ料理専門店「SABAE+(サバ―プラス)」のサバ尽くし料理を堪能。食後は、漁師直営海鮮市場「フィッシャーマンズ・ワーフ白浜」へ移動して、目の前の海でのんびり過ごすもよし、買い物を楽しむもよし。そして、3時のおやつは、「南紀白浜オリーブ&ジェラート工房」の無農薬果樹ジェラート。三段壁で一息ついて、最後は「ナギサビール」で大人の社会見学。出来たての生ビールで旅を締めくくります。

出発日 8月29日(土)
旅行代金 1万5000円
(バス代、昼食代、ジェラート代、ビール試飲代含む)
※左下リフレッシュプラン適用で7500円
最少催行人数 16人 (女性一人参加歓迎、カップル、夫婦限定。男性だけの参加不可)
バスは1人2席利用、定員22人程度

行程


写真はイメージ

本ツアーは「わかやまリフレッシュプラン」の対象です。和歌山県在住の人はツアー料金の割引(総旅行代金の1/2以内)が適用されます。「わかやまリフレッシュプラン販売促進事務局」(JTB和歌山支店内)の特設ホームページ(https://wakayama-refresh.com)で電子チケットを購入してください。詳細は同ホームページ参照

お問い合わせ 0120(889)873
旅行企画・実施 中紀バス・マリンツアー予約センター
和歌山市井ノ口544-2 和歌山営業本部
(和歌山県知事登録旅行業第2-101号)
営業時間 午前9時~午後6時 (日曜、祝日休み)
備考 ※詳しい内容・旅行条件は旅行書類で確認を。新型コロナ予防対策について、送付する書面で確認ください

フロント特集

 

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

おすすめ記事

  1. リビング和歌山6月15日号「和歌山のクラフトコーラ」
    世界中で愛されているコーラですが、今回は地元和歌山のクラフトコーラをご紹介。“手作業”や“技巧”など…
  2. リビング和歌山6月8日号「子どもの間で広がる「頭脳スポーツ」 麻雀が再ブレーク」
     “大人の娯楽”といったイメージが強かった麻雀が一転。頭脳スポーツとして麻雀を打ち出したプロリーグ戦…
  3. リビング和歌山6月1日号「和歌山県で回収実証プロジェクトがスタート 天ぷら油で飛行機を飛ばす!?」
     6月は環境月間。家で揚げ物に使った油は、その後どうしていますか? たいていは、固めたり、紙に吸わせ…
  4. リビング和歌山5月25日号「龍馬の想いを紡いだ 陸奥宗光の生涯」
    陸奥亮子の写真は、陸奥祥子さん(宗光の孫・陸奥イアン陽之助の妻)から提供  江戸末期に…
  5. リビング和歌山5月18日号「白良浜と扇ヶ浜でフライングディスクのビーチ競技、6月12日に開幕 ビーチアルティメット国際大会」
      プラスチック製・円盤状の遊具を使い、得点を競うスポーツ「フライングディスク」。その国際大会「WF…
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2024/6/13

    2024年6月5日号
  2. 2024/6/6

    2024年6月8日号
  3. 2024/5/30

    2024年6月1日号
  4. 2024/5/23

    2024年5月25日号
  5. 2024/5/16

    2024年5月18日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る