かわいい星型にすることで、苦手な野菜が食べられるかも。カレーとマヨネーズで子ども好みの味わいに

《材料(4人分)》
●オクラ8本●ニンジン1/2本●ロースハム4枚●そうめん2束●マヨネーズ大さじ5●カレーパウダー大さじ1●塩適量

《作り方》

    1. オクラは塩ずりをしてうぶ毛を取り、洗ってから約2mm幅の輪切りに。ニンジンも同じく約2mm幅ぐらいに切って星型で抜き、ロースハムも星型で抜いておきます
    2. たっぷりの熱湯にそうめんを手で3つに折ってゆで、素早く水で流します
    3. ボウルに②のそうめんとカレーパウダー、マヨネーズ、塩少々を入れて混ぜ、全体に絡まったらオクラ、ニンジン、ハムを入れてざっくりと混ぜます ※食べるときに固まっている場合は、オリーブオイルを少し入れてほぐします

 オクラのネバネバには血糖値上昇を防いだり、粘膜の保護に役立つ成分が含まれます。また、抗酸化作用のあるビタミンEやメラニン色素の沈着を防ぐビタミンC、たんぱく質からエネルギーを作るときに必須のビタミンB1・B2も。生で食べるのがおすすめですが、サッと熱を通すのは大丈夫。酢に栄養が溶け出すので酢の物には向きません。

レシピ提供者

土谷千鶴さん
野菜ソムリエプロ、キッズ野菜ソムリエ講師、食育インストラクターなど、食に関する幅広い資格を持ち、活躍中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  和歌山は全国でも有数のショウガの産地です。ショウガには、血行を促進し、身体を温め、代謝を高めるなど…
  2.  文化財に指定されている住宅を訪ねてみませんか。建築様式や残されている調度品、家そのものの香りなど…
  3.  今年10月、食品ロス削減推進法が施行。食品メーカーや小売業などの企業で取り組みが進むことが期待さ…
  4. 「ねんりんピック紀の国わかやま2019」が、11月9日(土)~12日(火)の期間、和歌山県内で開催…
  5.  松阪牛、近江牛、神戸牛…、これまで“高級肉”といえば、サシがたっぷり入った霜降り肉が主流でしたが…

電子新聞 最新号

  1. 2019/11/14

    リビング和歌山 11月16日号

    リビング和歌山11月16日号 文化財に指定されている住宅を訪ねてみませんか。建築様式や残されている調…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る