ランキングで見る 和歌山 THE WORLD 梅干し1位 ふりかけ50位

梅干し 1位 (3933円)
ふりかけ 50位 (1236円)

だいこん漬け 47位 (827円)

こんぶつくだ煮 27位 (1164円)

出典:家計調査結果(総務省統計局)平成25~27年の平均/1世帯当たりの年間消費額/都道府県庁所在地と政令指定都市全52市

梅王国和歌山
ご飯のお供といえば梅干し

20160820world

自家製、もらい物など、和歌山の家庭では、買わなくとも家にある梅干し。ご飯のお供といえば、言わずもがな梅干しですよね。それがデータでも実証されています。紀の川河口部には「紀の川漬(づけ)」の工場があるのに、「だいこん漬け」はあまり食べられていない様子。おかずがないときの魔法の粉「ふりかけ」にもあまり興味を示さず、コンビニエンスストアのおにぎりも、和歌山県は「梅」が人気なのだとか…。「こんぶのつくだ煮」は27位と健闘。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  今年10月、食品ロス削減推進法が施行。食品メーカーや小売業などの企業で取り組みが進むことが期待さ…
  2. 「ねんりんピック紀の国わかやま2019」が、11月9日(土)~12日(火)の期間、和歌山県内で開催…
  3.  松阪牛、近江牛、神戸牛…、これまで“高級肉”といえば、サシがたっぷり入った霜降り肉が主流でしたが…
  4.  頼宣が和歌山に入国してから400年。10月19日(土)~11月24日(日)、和歌山県立博物館、和…
  5.  植物性の乳酸菌が含まれているキムチ。腸内環境を整えるほか、美肌や疲労回復効果もあるとか。また店それ…

電子新聞 最新号

  1. 2019/11/7

    リビング和歌山 11月9日号

    リビング和歌山11月9日号 今年10月、食品ロス削減推進法が施行。食品メーカーや小売業などの企業で取…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る