地域の屋形大通り商店街が実施 昔ながらの餅まきを体験!

〝専門家〞の話も聞いて
地域の交流の中で思い出づくり

和歌山県の餅まきの話をした林さんは、県内各地の餅まきを訪ねて研究。県職員有志とともに「和歌山餅まきカレンダー」をまとめています。餅まきが始まると、体育館に子どもたちの歓声が響き渡りました

和歌山県の餅まきの話をした林さんは、県内各地の餅まきを訪ねて研究。県職員有志とともに「和歌山餅まきカレンダー」をまとめています。餅まきが始まると、体育館に子どもたちの歓声が響き渡りました


2月5日の日曜、和歌山市立広瀬小学校の体育館に約90人の子どもたちが集まりました。この日は、校区内にある「屋形大通り商店街」が企画した「お餅まき大会」。

神社の祭りや上棟式などに行われる餅まき。和歌山県内では、これらに加えて地域の催しなどにも頻繁に行われ、非常に身近なもの。しかし、近年は高齢化や地域交流が薄れて行われなくなったり、核家族化が進むなどで「まちなかの子どもたちが餅まきを体験する機会がないのでは―」と、商店街が小学校に開催を呼びかけました。

用意された餅は700個。商店街の三浦屋生菓子店が無償で提供。さらに、近畿大学生物理工学部(紀の川市)が開発に携わった半生菓子「梅わかもち丸」600個も準備されました。

子どもたちの歓声と喜ぶ顔でいっぱい

子どもたちが集まると、まず、和歌山を〝餅まきの聖地〞として研究している和歌山県庁職員の林清仁さんが登場。県内各地の特色ある餅まきの様子を紹介。「こうした餅まきは、実は準備が大変なんです。仲良くけがのないように楽しんで、感謝の気持ちも忘れないで」と呼びかけました。その後、2学年ごと3回に分け、盛大に餅まきが行われました。子どもたちは歓声を上げて餅や菓子を受け取り、または拾い集めて持参した袋に入れていました。

「広瀬地区は地域のつながりがとても強く、子どもたちのこともいつも気遣ってくれています」と、同校の酒井千佳校長。「地域に大事にしてもらっていることを、楽しい思い出と一緒に大切にしながら、子どもたちには元気に育ってほしい」と話していました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  子どもの“理科離れ”が叫ばれるようになって久しいですが、本来、好奇心が旺盛な小学生は観察や実験が大…
  2.  何気なく使っている水ですが、水道水はどのようにして私たちのもとに届いているのでしょうか。また、連日…
  3. 常備灯 「ここだよライトS」(5人)  豪雨災害が出るなど、まとまった雨が降ることが多く、心配にな…
  4.  睡眠は健康を維持するためには欠かせません。そのためにも寝具にもこだわりたいもの。特にマットレスは快…
  5.  小学校の校舎をリノベーションして、和歌山市に2つの大学が誕生しています。地域に親しまれてきた場所が…

電子新聞 最新号

  1. 2019/7/18

    リビング和歌山 7月20日号

    リビング和歌山 7月13日号  何気なく使っている水ですが、水道水はどのようにして私たちのもとに届い…
バックナンバー
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る