有功小学校6年2組が、「にこにこのうえん」とコラボして企画した オリジナルのお弁当を食べて!

メニュー構成から販売まで携わり
自ら育てた無農薬野菜も使用

オリジナルのお弁当を食べて! 和歌山市立有功小学校(和歌山市園部)の6年2組が、「安心、安全、無農薬」をキャッチコピーに企画・開発したオリジナル弁当が、1日限定で一般販売されます。
同校は和歌山市の保健給食管理課研究指定校で、6年間を通して食育を実施。6年2組の今年度の目標は「自分たちが考えた料理を地域で販売する」で、その活動の集大成がオリジナル弁当でした。
メニュー構成や食材の選択から始まり、調理師への依頼や販売時期・場所の調査などに取り組んだ結果、農園とオーガニックレストランを運営する「にこにこのうえん」(和歌山市府中)の協力を得て、和歌山市本町のぶらくり丁で毎月第2日曜に開催されている、「ポポロハスマーケット」に出店が決まりました。
弁当は、紀州うめどりの梅酢揚げが主菜の「紅(くれない)の鶏弁当」と、サケの春菊ソースがけが主菜の「鮭立ちぬ弁当」の2種。栄養バランスや地の食材にこだわり、副菜には児童が育てた無農薬野菜も使っています。
「今まで意識していなかったけど、活動を通して無農薬野菜の良さを再確認できました」と児童の一人、鶴澤こいとさん。販売会場の交渉役を務めた山本安佑子さんは、「私たちが考えた給食メニューをお弁当の主菜に選んだので、多くの人に食べてほしい」とPRします。
担任の山八亮祐教諭は今年度の活動を振り返り、「調理師や栄養士、農園の方々などとの出会いや野菜づくりを通じて、児童たちの食の意識がより高まりました。目標を達成するために必要な自己決定力や団結力を育んだ一年だったとも思います」と話します。当日は「となりのポポロ」の店名を掲げ、山八教諭と児童有志が店員となり、自分たちが手掛けた弁当を販売します。各600円。限定250食(左記参照)。

有功小6年2組 オリジナル弁当販売

日時 2月11日(祝)午前11時~午後4時
場所 ポポロハスマーケット内(和歌山市本町・ぶらくり丁商店街)「となりのポポロ」(「石窯ポポロ」隣)お弁当販売について
問い合わせ 石窯ポポロ
電話番号 073(499)4354
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  和歌山は全国でも有数のショウガの産地です。ショウガには、血行を促進し、身体を温め、代謝を高めるなど…
  2.  文化財に指定されている住宅を訪ねてみませんか。建築様式や残されている調度品、家そのものの香りなど…
  3.  今年10月、食品ロス削減推進法が施行。食品メーカーや小売業などの企業で取り組みが進むことが期待さ…
  4. 「ねんりんピック紀の国わかやま2019」が、11月9日(土)~12日(火)の期間、和歌山県内で開催…
  5.  松阪牛、近江牛、神戸牛…、これまで“高級肉”といえば、サシがたっぷり入った霜降り肉が主流でしたが…

電子新聞 最新号

  1. 2019/11/14

    リビング和歌山 11月16日号

    リビング和歌山11月16日号 文化財に指定されている住宅を訪ねてみませんか。建築様式や残されている調…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る