水の性質を探る3つの実験 楽しみながら学べたよ

 和歌山リビング新聞社が地域貢献活動の一環として運営している「日本宇宙少年団(YAC・ヤック)和歌山分団」は、昨年12月8日(土)に定期活動「水の不思議体験」を行いました。


 今回の講師は、県立向陽高等学校の塩崎智哉教諭。人が生きていくために必要な水について講義し、その性質を探る3つの実験をしました。まずは「ペーペークロマトグラフィー」。ろ紙に水性ペンで16箇所にさまざまな色の点をつけ、その先からろ紙に水を吸い込ませたら、どうなるか変化を観察。小さな色の点はそれぞれにグラデーションを描きました。次に、高吸収性樹脂と水の関係を探り、最後に静電気を帯びさせたストローを流れる水に近づけるとどうなるかを実験しました。分団員たちは、その様子を興味深そうに見守っていました。

問い合せ和歌山リビング新聞社
電話073(428)0281
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  運動会シーズンがやってきました。プログラムの中で盛り上がりを見せる「かけっこ」や「リレー」。“速く…
  2. 煮物では食べにくい冬瓜も、炒めてカレー味に、そしてチーズもトッピングすれば分からず食べちゃいます! …
  3.  働きながら子育てをするママが増えてきました。そんなママたちに必要なのが、“保活”。まず何から始めれ…
  4.  故人の思い出が詰まった遺品の数々。整理する遺族の負担を減らすために生前の「断捨離(だんしゃり)」を…
  5. 3LED ヘッドランプ(10人)  これまで紹介した防災グッズの中でも人気商品の「ヘッドランプ」を…

電子新聞 最新号

  1. 2019/8/22

    リビング和歌山 8月24日号

    リビング和歌山8月24日号  運動会シーズンがやってきました。プログラムの中で盛り上がりを見せる「か…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る