水の性質を探る3つの実験 楽しみながら学べたよ

 和歌山リビング新聞社が地域貢献活動の一環として運営している「日本宇宙少年団(YAC・ヤック)和歌山分団」は、昨年12月8日(土)に定期活動「水の不思議体験」を行いました。


 今回の講師は、県立向陽高等学校の塩崎智哉教諭。人が生きていくために必要な水について講義し、その性質を探る3つの実験をしました。まずは「ペーペークロマトグラフィー」。ろ紙に水性ペンで16箇所にさまざまな色の点をつけ、その先からろ紙に水を吸い込ませたら、どうなるか変化を観察。小さな色の点はそれぞれにグラデーションを描きました。次に、高吸収性樹脂と水の関係を探り、最後に静電気を帯びさせたストローを流れる水に近づけるとどうなるかを実験しました。分団員たちは、その様子を興味深そうに見守っていました。

問い合せ和歌山リビング新聞社
電話073(428)0281
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

今週のリビング新聞

  1.  絵画クラブのメンバー30人による作品展「第5回火、木、金、絵画クラブ展」が、2月28日(…
  2. 2019/2/21

    ふれ愛作品展
     「第26回ふれ愛作品展」が、3月1日(金)~3日(日)午前10時~午後4時、和歌山市ふれ…
  3. 食パンを使うことで食べ応えもあり、フルーツトマトは火が通って、さらにもっと甘くなります 《…
  4.  動物、花など、針と糸を使って布地にさまざまな絵を描く「刺しゅう」。自分の手で一針一針…
  5. 宅建協会が解説! 2019年度税制改正大綱 空き家の譲渡所得 3000万円特別控除の延長…

電子新聞 最新号

  1. 2019/2/21

    リビング和歌山 2月23日号

    リビング和歌山 2月23日号  動物、花など、針と糸を使って布地にさまざまな絵を描く「刺しゅう」。自…
バックナンバー

おすすめ記事

  1.  動物、花など、針と糸を使って布地にさまざまな絵を描く「刺しゅう」。自分の手で一針一針刺す作品は…
  2. 食パンを使うことで食べ応えもあり、フルーツトマトは火が通って、さらにもっと甘くなります 《材料(4人…
  3.  和歌山市の北西部に位置する加太は、魅力ある観光資源がたくさんある反面、“買い物難民”など住むには少…
  4.  「AGE(エー・ジー・イー)」という言葉を知っていますか?それは、体内のたんぱく質が“糖化”するこ…
  5. 「THE ROASTERS」(ザロースターズ)コーヒー焙煎士・神谷仁子さん 福島県郡山市で東日本…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る