磯の浦、ビーチのバリアフリーを目指し ビーチマットと水陸両用車椅子

磯の浦、ビーチのバリアフリーを目指し
ビーチマットと水陸両用車椅子
7月16日(祝)と8月18日(土)にはビーチマットが砂浜に

水陸両用車椅子の講習会に参加したメンバーたち

砂浜に敷かれたビーチマット

この夏、磯の浦海水浴場を管理する「マリンパーク磯の浦」(代表=杉本慶蔵)が、車椅子やベビーカーでも砂浜を楽に移動できるビーチマットと、水陸両用の車椅子(ヒッポ・キャンプ)を同海水浴場に導入しました。

通常の車椅子は車輪が細く、砂浜などでは沈んでしまい、移動が困難。ヒッポ・キャンプは前輪1つと後輪が2つで、どれも太く、砂浜でも移動が可能。車体はアルミ製で軽く、水に浮くので、乗ったまま海に入って水遊びもできます。

海開き直前の6月30日には、マリンパーク磯の浦とライフセービングクラブ、和歌山県サーフィン連盟のスタッフ6人がヒッポ・キャンプの講習を受講。利用の希望があれば、この6人が対応に当たります。「連絡をいただければ、相談にのりたい」と話す、マリンパーク磯の浦のスタッフ・増井綾乃さん(利用希望は下記へ連絡)。

また、ビーチマットは1枚10メートルで10枚をつなげ、堤防から波打ち際まで100メートル、一直線に砂浜の上に固定。「これまで、海に来ても堤防までしかこれなかった人でも、海の近くに来て、潮の香りや波の音などを感じてほしい」と、増井さん。小さい赤ちゃん連れも、マットがあればベビーカーで砂浜まで連れて来ることができ、「少しは移動も楽になります」とも。今年の夏は、7月16日(祝)と8月18日(土)の2日間に、ビーチマットを砂浜に設置する予定。自由に利用できます。

新たな飼い主に! 譲渡会と講習会

問い合わせマリンパーク磯の浦
電話tel.073(452)2737
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部

今週のリビング新聞

  1. ガラス細工の輝きを眺めてみませんか。10月1日(月)~6日(土)午前10時~午後4時、「ガ…
  2. 和歌山青年会議所茶道部が、30周年記念事業として、子どもたちに茶道のすばらしさを伝える「お…
  3. コーヒーが冷めないうちに
    後悔を抱え、過去に戻れる喫茶店へ 「とにかく泣ける!」と口コミで広がり、2017年には本屋…
  4. pick up 落枕(らくちん)  拳を作ると出る大きな関節の、2番目と3番目…
  5. 次世代柔道のモデルケース 紀柔館の「エコクラブ」「転び方教室」 健康増進・維持のため柔道…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山9月22日号

    2018/9/20

    リビング和歌山 2018年9月22日号

    リビング和歌山 2018年9月22日号 2014年から「主婦休みの日」にお届けしてきた“アライジョー…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. リビング和歌山9月22日号
     2014年から「主婦休みの日」にお届けしてきた“アライジョーズ”。さまざまなグッズを活用して、夫…
  2. リビング和歌山9月15日号
     和歌山市鳴神にある阿弥陀寺の本堂を訪ねてみませんか。江戸時代、紀州徳川家の力を知らしめるような、…
  3. リビング和歌山9月8日号
     子どもの頃、土や砂で泥団子を作ったことはありますか? 手の中で大切に、丁寧に磨くことで光沢が出て…
  4. 「ケアハート」応急手当セットポーチタイプ(5人) 消毒液やガーゼ、ばんそうこう、コットン、綿棒、包帯…
  5. 和歌山地方気象台予報官・八塚仁さん 西日本豪雨後、気象予報で倉敷市の防災支援 二次災害の防止と復旧…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る