第9回 高芝の獅子舞 〜伊勢流の雄獅子〜

優雅な舞と、荒々しい舞で表現

笛と太鼓に合わせて、眠っている獅子を揺り起こします(天狗獅子)

獅子が竹ざおにかみつくのは高芝の獅子舞の特徴(牡丹獅子)

神社の祭礼や正月行事などで披露される「獅子舞」。江戸時代初期に「伊勢大神楽(いせだいかぐら)」と呼ばれる芸能集団が、獅子舞を舞いながら全国を回って広めたといわれており、和歌山県内でも、郷土色を取り入れた数多くの獅子舞を見ることができます。

熊野灘につながる太田川の河口に位置する、那智勝浦町下里・高芝地区。ここに伝わる獅子舞は、江戸時代中期に阿波国(現・徳島県)の人の世話により、元住吉神社(下里神社に合祭)の祭礼で奉納したのが始まりとされています。

熊野地方の獅子舞は、「伊勢流」と「古座流」の2つの流儀に分かれます。高芝の獅子舞は、伊勢流の特徴でもある赤漆塗りの獅子頭に黒い鼻を持つ雄獅子で、「高芝の獅子舞保存会」によって引き継がれています。

舞は、高芝で伝承されている唄に合わせ、ゆったりと舞う「神明賛(しんめいさん)」、獅子がボタンの花を採ろうとして、花枝を取り付けた竹ざおにかみつく「牡丹(ぼたん)獅子」、眠りから覚めた獅子が天狗(てんぐ)に挑む「天狗獅子」などの全9曲。優雅な舞と荒々しい舞が物語のように表現されます。その舞について保存会の中村崇さんは「年配の人は、まるで生きているかのように獅子を動かします」と説明します。

練習は6月から高芝区民会館で始まり、祭りが近付くにつれてたくさんの見物者でにぎわいます。

8月上旬、夏休みで帰省中という大学生の松下尚悟さんは「物心ついた頃から参加していて、祭りは生活の一部です」と話し、中学生の妹・穂乃果さんたちと一緒におはやしを演奏。天狗役の中森仁瑚(にこ)君は「5歳から始めて今年で5年目。笛の音に合わせて踊るようにしています」と誇らしげな表情を浮かべます。

祭りの期間、地区内の商店や新築の家の前などでも獅子舞を舞い、福を呼び込みます。中村さんは「保存会のメンバーが地区のお年寄りの家を訪れて食事をごちそうになるなど、今もさまざまな習慣が残っています。祭りは年齢に関係なく、人と人との結びつきが強まります」と笑顔を見せます。9月、本番に向けてさらに力が入ります。次回は10月予定

【祭り情報】高芝区民会館前(那智勝浦町下里)
宵宮

開催日 9月14日(金)
スケジュール 16:45子どもみこし
17:30祝宴開始
19:00屋台巡航
20:00 獅子舞奉納(5頭)

本宮

開催日 9月15日(土)
スケジュール 12:00祝宴開始
13:00子どもみこし、屋台巡航
14:00獅子舞奉納(9頭全種目)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

今週のリビング新聞

  1.  何かと忙しい年度変わりのこの時期、ゆっくりとお風呂に入って癒やしを…。自然志向のスキン…
  2.  1月にオープンした「カレー工房あがら」。夜は名物のスープカレー(800円、写真)のほか、…
  3.  和歌山市出身の作家・有吉佐和子の作品を中心に、研究者らの立場から文学の魅力を紹介する「有…
  4.  和歌山県立紀伊風土記の丘(和歌山市岩橋)で、春期企画展「縄文・弥生の海の道と陸の道~紀伊…
  5. 2019/3/14

    鈴木正史陶展
     海南市にある「旧田島うるし工場」共同アトリエを拠点に活動している、陶芸家・鈴木正史さんの…

電子新聞 最新号

  1. 2019/3/14

    リビング和歌山 3月16日号

    リビング和歌山 3月16日号  高齢化の進行と共に、認知症が社会問題になりつつある昨今。終活シリーズ…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. 高齢化の進行と共に、認知症が社会問題になりつつある昨今。終活シリーズの第2弾は、認知症から資産を守…
  2. 全編和歌山をロケ地に撮影された映画が完成。和歌山県出身のミュージシャンをはじめ、ダンサー、芸人、ア…
  3. 駒場工務店 駒場一仁代表 命を守る「津波避難タワー」を設計・施工  東日本大震災以…
  4. 折りたたみ式ウオータータンク(10リットル)(10人)  市民の防火・防災意識の向上を図る「和歌山…
  5.  化学染料では出せない優しい色合いや、季節の移ろいを感じられるところが魅力の、ボタニカル・ダイ(草木…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る