JVA「経済産業大臣賞」農業総合研究所が県内初受賞

生産者と食品スーパーをつなぐインフラシステム構築

農業を持続可能な産業へ

JVA「経済産業大臣賞」農業総合研究所が県内初受賞

東京で行われた受賞式での及川さん

革新的で潜在成長力の高い事業や、地域活性化に貢献する事業を行っている経営者を表彰する「ジャパン・ベンチャー・アワード(JVA)2016」。最高位の経済産業大臣賞に、農産物の流通販売事業などを手掛ける「農業総合研究所」(和歌山市黒田)代表取締役・CEOの及川智正さんが輝きました。県内企業の受賞は他賞を含め初めて。

IT(情報技術)を活用し、生産者と都市部の食品スーパーを直接つなぐインフラシステムを提供。持続可能な産業へとつなげる事業の構築が評価されました。

及川さんは、自身も農業の生産現場を経験。生産者不足や耕作放棄地など、社会が直面している課題を肌で感じ、農業がビジネスとして成り立つ仕組みをつくり出そうと、平成19年に会社を設立しました。

同社が手掛けるのは、スーパーの野菜コーナーの一角に、農家の直売所を設けるというもので、仕組みはシンプル。同社に登録した生産者が、地域に設けられた集荷場に農産物を持ち込み、価格を決め、提携している出荷先(スーパー)を自由に選びます。店頭での販売情報は、生産者に伝えられ、その情報をもとに生産者は販売方法を考えます。

一般的に出荷してから卸売り市場を経由し、店頭に並ぶまでには3〜4日かかりますが、同社は原則1日。現在、約5200人の生産者が登録、55府県・約580店舗で取り引きされています。

及川さんは「もうからないと言われている農業を付加価値のある産業へ。システムをさらに整備し、生産者が使いやすい環境をつくっていきたいです」と話しています。

問い合わせ 農業総合研究所
電話 073(497)7077

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1. 新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中の多くの人が感染への恐怖や経済へ不安を抱えている中、和歌…
  2. 自分の心と仲良くなれる方法を知ってしなやかに新しい時代を生きる 今までにない日々の過ごし方が余…
  3. 花束の形は大きく分けて2種 仕上がりをイメージ、花の特徴を生かして 花束の形は大きく分けて、全ての…
  4. 不要不急の外出自粛が求められる中、学校もお休み、仕事もテレワークと、“巣ごもり生活”を余儀なくされ…
  5. 防犯対策や居場所の確認、連絡手段に必要などの理由から、小学生など子どもにもスマートフォンを持たせる家…

電子新聞 最新号

  1. 2020/5/21

    リビング和歌山5月23日号

    リビング和歌山5月23日号 新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中の多くの人が感染への恐怖や経済…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る