考えよう災害時の備え

  • 被災地での体験、経験を生かして㉑

    和歌山県薬剤師会・稲葉眞也会長、松尾哲也常務理事 モバイルファーマシーで調剤支援と公衆衛生管理 熊本地震の被災地へ40日間派遣 左:和歌山県薬剤師会災害対策委員長・松尾哲也常務理事右:稲葉眞也会長 津波で医療資源が軒並…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    被災地での体験、経験を生かして㉑
  • 被災地での体験、経験を生かして⑳

    和歌山大学クリエプロジェクト「防災のつどぴ」が発足 災害から生き抜くために、自分たちができることは? まずは見て、足を運んで学ぶことから 上段㊧から中尾比呂人さん、齊藤尚輝さん、藤本多敬さん、下段㊧から近藤忠仁さん、西…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    被災地での体験、経験を生かして⑳
  • 被災地での体験、経験を生かして⑲

    和歌山地方気象台予報官・八塚仁さん 西日本豪雨後、気象予報で倉敷市の防災支援 二次災害の防止と復旧活動の安全のため被災地の気象状況をピンポイントで監視 八塚仁さん。今年4月に和歌山地方気象台に赴任。和歌山に来て感じたの…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    被災地での体験、経験を生かして⑲
  • 被災地での体験、経験を生かして⑱

    和歌山市建築指導課・辻本暢紀さん、土山隆史さん 大地震で被災した建築物の危険度を判定 受け入れる側の状況になったら…派遣されて感じた課題は山積み 大規模な地震が発生すると、人命だけでなく、住宅や建築物にも大きな被害が出…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    被災地での体験、経験を生かして⑱
  • 被災地での体験、経験を生かして⑰

    和歌山県キャンプ協会理事・林美由貴さん 非日常の自然の中で生き抜く術を身に付けて もしものときに役に立つ“防災キャンプ”の経験と知識 ≪プロフィル≫ 和歌山県キャンプ協会理事、和歌山県シェアリングネイチャー…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    被災地での体験、経験を生かして⑰
  • 被災地での体験、経験を生かして⑯

    和歌山市職員・田平和之さん、木村豊さん、森栗昌英さん 熊本県南阿蘇村で被災宅地の危険度を判定 2次災害防止のため危険箇所には立ち入らないで 左から田平さん、森栗さん、木村さん あったはずの宅地が土砂で流され調査不能の現場…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    被災地での体験、経験を生かして⑯
  • 被災地での体験、経験を生かして⑮

    紀州梅の郷救助隊隊長 尾﨑 剛通さん もしものときにリーダーシップをとって地域の力に 何もできなかった悔しさから結成 講演会で登壇する尾﨑剛通さん (上)2011年4月、宮城県気仙沼市での捜索活動(下)毎年、訪れている気…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    被災地での体験、経験を生かして⑮
  • 考えよう 災害時の備え 被災地での体験、経験を生かして⑭

    和歌山市消防局・高度救助隊 消防司令補 梶本 敦司さん 国際緊急援助隊救助チームの一員としてメキシコへ 災害時は救助に当たる側 どんな事態にも対応できる準備を 国際消防救助隊に登録しているのは全国77消防本部、599人。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    考えよう 災害時の備え 被災地での体験、経験を生かして⑭
  • 考えよう 災害時の備え 被災地での体験、経験を生かして⑬

    和歌山大学災害科学教育研究センター・教育研究アドバイザー 中筋 章夫さん 災害に強い地域は、コミュニティーの強い地域 住民にとって防災訓練が楽しい行事に 地域防災・教育を専門として、地域防災のアドバイザーと防災活動の企画…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    考えよう 災害時の備え 被災地での体験、経験を生かして⑬
  • 考えよう 災害時の備え 被災地での体験、経験を生かして⑫

    紀の川市社会福祉協議会桃山支所長 辻 佳秀さん 身近に起こった水害、地域で共有して防災意識を 昨日まで生活していた家が… “廃棄”も“処分”もNGワード 昨年10月23日の井阪橋。紀の川が増水して河川敷のグラウンドも全部…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    考えよう 災害時の備え 被災地での体験、経験を生かして⑫
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

今週のリビング新聞

  1. 人魚の眠る家 11月16日(金)ロードショー ジストシネマ和歌山 イオンシネマ和歌山
    夫婦がたどり着く究極の愛の形とは 離婚寸前の夫婦、播磨和昌と薫子のもとに、ある日突然知らせ…
  2. サンティアゴ巡礼道、イラゴ峠の鉄の十字架の丘
    「熊野古道」「サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼道」 12月1日(土)、講演会とミニコン…
  3. レッグウオーマー「プードレッグ」
    骨身にしみるような冷えに悩む人は、厚着をする前にまず足首を温めて。室内履きで有名な「パン…
  4. 11月22日は「いい夫婦の日」。コミュニケーションが苦手とされている日本人。普段から、お…
  5. 「竹あかりのおまつり・In・わかやま」が、観音山フルーツガーデン(紀の川市粉河)で開催。前…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山11月17日号

    2018/11/15

    リビング和歌山 2018年11月17日号

    リビング和歌山 2018年11月17日号 11月22日は「いい夫婦の日」。コミュニケーションが苦手と…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. 11月22日は「いい夫婦の日」。コミュニケーションが苦手とされている日本人。普段から、お互いに感謝…
  2. “和歌山といえばミカン”ですが、和歌山市民はバナナもたくさん食べていたことを知っていましたか。スー…
  3. 左:和歌山県薬剤師会災害対策委員長・松尾哲也常務理事 右:稲葉眞也会長
    和歌山県薬剤師会・稲葉眞也会長、松尾哲也常務理事 モバイルファーマシーで調剤支援と公衆衛生管理 熊…
  4. 防炎かっぽう着
    防炎かっぽう着(3人) 日本防炎協会の認定品。フリーサイズ。カラーはブルーもあり(5292円)※プレ…
  5. リビング和歌山11月3日号
    深まる秋をファッショナブルに過ごしたいもの。「オシャレは足元から」という言葉があるように、特に気を…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る