−第25回−文化財 仏像のよこがお「社殿の床下に隠された仏像」

海南市大野中の県立海南高校裏の小高い丘に鎮座する春日神社は、古くは大野郷八か村の鎮守社でした。“大野十番頭”と呼ばれる地域の有力者たちによる護持の体制が、中世以来、現在まで引き継がれてきた歴史ある神社です。

2007(平成19)年に所用で神社を訪れた際のことです。目的の調査が済んだ後、宮司に連れられて、板に囲まれた社殿床下の空間をのぞかせてもらいました。驚いたことにそこには、暗闇の中、土間の上でこちらを向いて立っている仏像が見えました。

像の大半がヒノキの一木から彫り出された像高68.9cmの天部形立像で、両手は後の時代の部材に取り替わっています。眉を寄せて目を見開いた怒りの表情は穏やかで、鎧(よろい)をまとった重量感ある体型はくびれが強調されず、平安時代後期、11世紀ごろの特徴を示しています。

なぜこんなに古い仏像が、社殿床下にあったのでしょうか。

春日神社境内には、かつては社殿とともに金剛院神宮寺、本地堂、大師堂が建ち並んでいました。しかし、明治初年の政府による神仏分離政策により、これら仏教に関わる建物は撤去され、まつられていた仏像もどこかへと移されました。この仏像はそれらの堂舎に安置されていたものの一つ、または社殿内に安置された神体であったのかもしれません。

神社には、明治時代の神主・三上美作守(かみ)が、弁才天を描いた仏画を「厳島姫(いちきしまひめ)神絵像」と名を変えることで残したものも伝わっています。神主の尽力で神仏分離の嵐を乗り越えた仏像は、春日神社の重層的な信仰の場の様子を今に伝えています。

企画展「仏像は地域とともに―みんなで守る文化財―」(1月29日~3月6日)で公開されます。
(和歌山県立博物館主任学芸員・大河内智之)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. リビング和歌山1月15日号「わが家の\ちょい足しTKGコンテスト/」
     10月30日号の紙面で皆さんから募集したTKGのちょい足しレシピ。編集部で再現してみました。「マ…
  2. リビング和歌山1月8日号「全国のリビング新聞編集長がセレクト2022年にちなんでニコニコプレゼント」
    リビング新聞からのお年玉として、全国リビングネットワーク・提携各紙から大プレゼント! 今年は「20…
  3. リビング和歌山2021年末年始「和歌山県内に暮らす外国人に聞いてみた そうなの!世界のお正月」
     日本ではお正月に、おせち料理を食べるなどの風習があります。海外はどうなのでしょうか? そこで、和…
  4. リビング和歌山12月18日号「歳末の活気あふれる〝市〟でお買い物」
      来週のクリスマスが終わるといよいよ年の瀬。世間は一気にお正月ムードに様変わり。今冬は、原油高、…
  5. リビング和歌山12月11日号「第6波に備える 和歌山新型コロナ検証」
     第5波の自粛が解かれ、クリスマスや年末年始を迎えます。しかし、感染が落ち着いているからといって油…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山1月15日号「わが家の\ちょい足しTKGコンテスト/」

    2022/1/13

    リビング和歌山1月15日号

    リビング和歌山2022年1月15日号 10月30日号の紙面で皆さんから募集したTKGのちょい足しレシ…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る