ことばで広がる絵本の世界
「だって春だもん」

もうすぐ もうすぐ

ことばで広がる絵本の世界「だって春だもん」 ひんやりした朝の湖、雪に埋もれた薄暗い林。聞こえてくる「とつとつとつ」は何の音? ページをめくるたび少しづつ日が差して、緑が鮮やかに映ります。木々の芽やどんな小さな生き物も、「そろそろかな、もうすぐだね」と待っているのは…森がゆっくり動き出す春。みずみずしい風景とやさしい音があふれ、自然の力を感じる写真絵本です。巻末に記される写真の名前をたどってもう一度読むのも楽しいです。表紙の木の芽がおもしろく、あなたには何に見えるかな?

和歌山県立図書館
副主査司書・坂口佐知子
(日本図書館協会認定司書)

絵本だって春だもん
小寺卓矢/写真・文(アリス館)

子育て・教育

関連キーワード

 

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

おすすめ記事

  1. リビング和歌山6月15日号「和歌山のクラフトコーラ」
    世界中で愛されているコーラですが、今回は地元和歌山のクラフトコーラをご紹介。“手作業”や“技巧”など…
  2. リビング和歌山6月8日号「子どもの間で広がる「頭脳スポーツ」 麻雀が再ブレーク」
     “大人の娯楽”といったイメージが強かった麻雀が一転。頭脳スポーツとして麻雀を打ち出したプロリーグ戦…
  3. リビング和歌山6月1日号「和歌山県で回収実証プロジェクトがスタート 天ぷら油で飛行機を飛ばす!?」
     6月は環境月間。家で揚げ物に使った油は、その後どうしていますか? たいていは、固めたり、紙に吸わせ…
  4. リビング和歌山5月25日号「龍馬の想いを紡いだ 陸奥宗光の生涯」
    陸奥亮子の写真は、陸奥祥子さん(宗光の孫・陸奥イアン陽之助の妻)から提供  江戸末期に…
  5. リビング和歌山5月18日号「白良浜と扇ヶ浜でフライングディスクのビーチ競技、6月12日に開幕 ビーチアルティメット国際大会」
      プラスチック製・円盤状の遊具を使い、得点を競うスポーツ「フライングディスク」。その国際大会「WF…
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2024/6/13

    2024年6月5日号
  2. 2024/6/6

    2024年6月8日号
  3. 2024/5/30

    2024年6月1日号
  4. 2024/5/23

    2024年5月25日号
  5. 2024/5/16

    2024年5月18日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る