プロが解説! 知っておきたい土地の法規制⑨
相続登記が任意から義務に
登記の内容を今一度確認

家族で話し合って早めの相続準備を

2021年に不動産登記法が改正、2024年4月1日から相続登記の義務化が施行されます。和歌山県宅地建物取引業協会による法規制シリーズ9回目は、広報啓発委員長・武田雅博さんに改正内容や相続対策について聞きました。

まず、不動産登記とは。「法務局が保管・公開している公的書類の登記簿に、不動産やその所有者の情報を記載することです」と武田さんは解説。「不動産を相続した際、所有権の移転登記は今までは任意でした。しかし、今回の改正により義務化され、相続から3年以内に申請しないと、10万円以下の過料が科されることも」と話します。

登記の変更手続きに関しては、「ご自身で行うこともできますが、事案によっては難易度が高く、時間が掛かることもあるので、司法書士に依頼する方がいいケースも」とアドバイスします。

また、「今回の改正を機に、ご自身や家族の不動産の登記内容の確認を」と武田さん。「複数の不動産を所有している場合は、それぞれの所在や境界なども確認するといいですね」とも。「所在が不明な土地・建物や、境界が不明な土地を相続すると、売却や利活用の手続きが難航します」

ちなみに、土地・建物所有者が認知症などで判断能力が低下し、すぐに不動産を売却できないケースがあります。「その場合は、裁判所の許可を得て、成年後見制度を利用することが一般的です。しかし最近は、例えば土地・建物所有者である両親が元気なうちに、家族信託を検討するケースもあります」とのこと。

和歌山県の空き家率は、都道府県別で見ると全国2位、別荘などの2次的住宅を除くと全国1位となっています(平成30年住宅・土地統計調査)。不動産トラブルは他人事ではないかもしれませんね。「当協会では不動産の相談会を無料で行っているので、気軽に連絡を。弁護士による相談会もあります」と、武田さんは話していました。

武田雅博さん

武田雅博さん

不動産に関する相談は宅建協会まで

お問い合わせ073(472)4600(午後1時~4時半)

ハウジング

関連キーワード

 

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

おすすめ記事

  1. プレミア和歌山認定品の毬玉アクセサリー、天然石や真鍮のアクセサリーやビーズ・スパンコール刺繍の作品…
  2. リビング和歌山4月20日号「知ってた?有田市に国内最大級のチューブスライダー出現」
     3月23日、有田市初島町に誕生した健康スポーツ公園「BIG SMILE PARK(ビッグ・スマイ…
  3. おさかな、食べていますか? 海に囲まれたニッポンは、種類豊富な水産物に恵まれています。今年度、全国…
  4. リビング和歌山4月6日号「生地卸商から始まり 多角化戦略で進化する 老舗100年企業」
    地域経済をリードする地元企業の魅力に迫る「すごいぞ!和歌山の底力」シリーズ。今回は和歌山市に根付い…
  5. リビング和歌山3月30日号「遊びを通した心の栄養士 おもちゃコンサルタント」
    おもちゃの広場では、全国のおもちゃ美術館に展示されている国内外のおもちゃが並びます 山本記代さん…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山4月20日号

    2024/4/18

    リビング和歌山4月20日号

    リビング和歌山4月20日号  3月23日、有田市初島町に誕生した健康スポーツ公園「BIG SMILE…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2024/4/18

    2024年4月20日号
  2. 2024/4/11

    2024年4月13日号
  3. 2024/4/4

    2024年4月6日号
  4. 2024/3/28

    2024年3月30日号
  5. 2024/3/21

    2024年3月23日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る