入園・入学前、新生活に備え
“自信”を育むのは
お母さんの言葉がけ

早いもので年が明けて2カ月が過ぎようとしています。4月からの新生活に備え、準備が忙しいお母さんもいるのではないでしょうか。4月になると、子どもたちの環境も一変します。入園・入学はもちろん、進級でさえ子どもにとっては大きな変化です。

新しい環境になじむのに時間がかかる子は、知らないことに対する不安を人一倍大きく抱えているものです。無理強いせずにその子のペースを見守ることが一番ですが、あらかじめ「自分は大丈夫」という自信を持たせてあげれば、不安な中でも勇気を出して一歩踏み出す助けになります。

“自分を信じる力=自信”を身に付けるために、お母さんができることがあります。それは「あなたは大丈夫よ」「どんなあなたでも大好きよ」という言葉をかけ続けてあげることです。お母さんという一番信頼している人が自分を信じてくれている、たとえ、時にはいい子でなくても好きでいてくれるんだと思えることは、子どもの大きな力になります。その力はやがて「自分はきっと大丈夫」と自分を信じる力となり、困難にあっても諦めずに乗り越える勇気のもととなるのです。

ぜひ、抱っこや添い寝の時間に、これらの言葉がけを習慣にしてください。ギュッと抱きしめて「どんなあなたでも大好きよ」と毎日伝えることで、子どもの心にエネルギーをチャージしましょう。お母さんからの信頼が子どもにとっては一番大きな栄養です。ぜひ、毎日子どもの心に、たくさんの栄養を届けてあげてくださいね。

著者むらたますみ
キッズコーチングマネジャー
監修竹内エリカ
幼児教育者、日本キッズコーチング協会理事長
HPキッズコーチングマネジャー
https://momsknack.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1. 近い将来に起こるとされている「南海トラフ地震」。和歌山県は南海トラフ地震の震源域に近いため、地震・…
  2. 昨年の5月30日号で実施した「スーパーの惣菜総選挙」には、読者の皆さんから2000票ほど投票いただき…
  3. ハデ~なデコレーションに彩られて街を行き交うクルマ、はたまた同じ音楽が繰り返されて耳にフレーズが残…
  4.  寒い冬はつい活動量が減って運動不足になりがち。コロナ自粛も相まって、筋力低下が気になります。でも…
  5. 立春が過ぎ、暦の上ではもう春ですが、今冬は例年より冷え込みが厳しく、まだもう少し寒い日が続きそう。和…

電子新聞 最新号

  1. 2021/3/4

    リビング和歌山3月6日号

    リビング和歌山3月6日号 近い将来に起こるとされている「南海トラフ地震」。和歌山県は南海トラフ地震の…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る