園では優等生、家ではワガママ大魔王!「がんばってるね」が効果絶大

4歳くらいになると、突然ワガママがひどくなる子がいます。泣きわめいて要求を通そうとしたり、叱られると余計に反抗したり。お母さんは急な態度の変化に戸惑うことでしょう。心配で園での様子を聞くと「いつもいい子で助かってます」「みんなのお手本なんですよ」と称賛の言葉が。お母さんは「それ本当にうちの子?」と思うほど、子どもの態度が園と家とで違うことも多いのです。

「4歳」は、がんばろうという気持ちが芽生える時期。自分を律することを覚えていきます。ですが、まだまだ4歳。この気持ちが強い子ほど園での緊張が強く、家に帰ると反動が大きくなります。つい「園でできることは家でもしなさい!」と言いたくなりますが、家でワガママになるのは安心できる場所だと分かっているからこそ。受け止めてほしくてお母さんに甘えているのです。だからといって、そのままというわけにもいきません。改善するには、問題が起こって叱るより、毎日の習慣として「がんばってるね」と声をかけるのが良いでしょう。おすすめは「おかえり」のときにギューッとハグしながら「今日も一日がんばったね」。園でのがんばりをお母さんがちゃんと分かっていることが伝われば、子どもの心は落ち着いてきます。次第にひどいワガママも減るでしょう。お母さんの応援で、いろんなことに積極的に取り組めるようになります。

子どもが安心できる「がんばってるね」の声掛けを、ぜひ、習慣にしてくださいね。

著者むらたますみ
キッズコーチングマネジャー
監修竹内エリカ
幼児教育者、日本キッズコーチング協会理事長
HPキッズコーチングマネジャー
https://momsknack.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1. 気温、湿度、汚れは革を傷める原因に 靴底や革の状態を早めにチェック これからの季節、ニットやコート…
  2. 普段の食卓でおなじみの“食パン”が、おしゃれに、かわいらしく変身! 「食パンアート」や、「トースト…
  3. 和歌山県の普通科高校在籍は66・5% 専門学科は夢を手にする近道かも!? 高校の学科は大きく分けて…
  4. 食欲の秋が到来。美味しい食べ物がそろうこの季節は、ごはんがつい進みますよね。料理の味を整えて、美味…
  5. 保険金支払額は2年連続1兆円超え 昨年秋に続く2度目の保険料改定 2019年10月、損害保険各…

電子新聞 最新号

  1. 2020/10/29

    リビング和歌山10月31日号

    リビング和歌山10月31日号 秋が深まり、そろそろ足元も冬支度。ブーツでさっそうとおしゃれを楽しみ…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る