増える“ぼかし”“モザイク”
その理由は?

テレビのツムジ

増える“ぼかし”“モザイク”
その理由は?

先日、過去の街頭インタビューを振り返る番組を担当した。ところが、インタビューに答える人、背景にいる人、そのほとんどにモザイク処理をかけることに。これは、許諾が取れない人たちのプライバシー侵害への配慮だ。このように、テレビには連日、多くのぼかしが使われている。

例えば、スポンサーを紹介する提供の時だ。スポンサーロゴ以外の背景にある文字情報などに、ぼかしを入れている。これはスポンサー名に意識を集中して欲しいから。他にも、飲み物など、番組スポンサー以外の同業他社製品が映った場合もぼかし処理されている。

また、容疑者が逮捕された際のニュース映像で、手錠の部分にもモザイク処理が。逮捕の段階では、まだ犯人と特定できないので、人権に配慮したためだ。

他にも、ロケなどで映った選挙候補者ポスターにぼかしがあることも。公示後だと、どの党も平等に放送しなければならない、という決まりがあるためだ。

ひと昔前なら、ぼかし、モザイクという言葉だけではしゃいでいたのに…。なんてことを言うだけでも、今はモザイク処理されるかも知れない。

テレビのツムジ 関西の放送作家がバッサリ!
文:岡内義人
読売テレビ「土曜はダメよ」「かんさい情報ネットten.」、ABCラジオ「征平・吉弥の土曜も全開」など番組構成や、テレビCMなどを手がける
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. オリジナルアクセサリー、バッグデコ、プリザーブドフラワーを使った香水ボトル・ハートアレンジ、花咲く…
  2. リビング和歌山10月1日号「100年 話し合いで解決!調停制度」
    身の回りで起こるトラブルに対して裁判所が仲介し、話し合いによって解決を図る「調停制度」。1922年に…
  3. リビング和歌山9月24日号「和歌山の底力 世界一の日本酒が誕生」
    地元企業の「人」「もの」「こと」の魅力を掘り起こして紹介するシリーズ。第4回目は海南市の蔵元「平和…
  4. リビング和歌山9月17日号「詐欺被害額 約2倍に増加」
    これまで詐欺被害といえば「オレオレ詐欺」だったのが、最近では詐欺の手口が多様化し、『特殊詐欺』と呼ば…
  5. リビング和歌山9月10日号「森三中 大島美幸さん」
    9月25日は「主婦休みの日」。コロナ禍の今、家事分担について考えることも多いのでは。そこで芸人×妻…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山10月1日号「100年 話し合いで解決!調停制度」

    2022/9/29

    リビング和歌山10月1日号

    リビング和歌山2022年10月1日号 身の回りで起こるトラブルに対して裁判所が仲介し、話し合いによっ…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2022/8/4

    2022年8月6日号
  2. 2022/7/28

    2022年7月30日号
  3. 2022/7/21

    2022年7月23日号
  4. 2022/7/14

    2022年7月16日号
  5. 2022/7/7

    2022年7月9日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る