治療の最前線! 専門医に聞くvol.2
コロナにも気を付けながら
生活習慣の見直しを

私たち糖尿病専門医が気がかりなのは、新型コロナウイルスの影響で、いま皆さんの生活習慣が無理矢理に変わってしまっていないかということです。特に年配の方は、外出を控えるあまり、体を動かすことが極端に少なくなっていないでしょうか?

家に居ることが多くなると、活動量・運動量が減ります。反対に間食への誘惑が多くなったり、外出できないストレスを食べることで紛らわしたりして、体重が増えてしまうケースがよく見られます。体重の増加は、「血糖値」「血圧」「コレステロール値」の上昇につながり、生活習慣病の原因となります。しんどい運動でなくても、家事や散歩など、意識して少しでも体を動かすように心がけてください。

毎日1度、入浴前など、決まった時間に体重計に乗って、体重を管理することが大切です。コロナ前後、また、ここ最近でも、2㌔以上体重の増減があった人は、自覚症状がなくても、かかりつけ医を受診して相談をしましょう。増えるだけではなく、急激に体重が減る場合も、悪性腫瘍(がん)などが心配されます。「血糖値が高い」「血圧が高い」「コレステロール値が高い」に当てはまる人は、今の体重の5%減を目標に、運動や食事など生活習慣を見直しましょう。

また、病院を受診する機会が減ったり、健診を控えたりしてしまっていないでしょうか。自覚症状が出る前に、検査をして異常がないか、もともと異常のある人が、それ以上に悪くなっていないか、調べる機会を作るようにしてください。

(済生会和歌山病院 統括副院長・糖尿病代謝 内科部長・英肇)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの健康

関連キーワード

 

交通安全バナー2022贈呈式

交通安全バナー2022贈呈式

おすすめ記事

  1. 猫雑貨、アクセサリー、ブリザーブドフラワーを使った室内飾り、ハーバリウム、Decoシールなど、さま…
  2. リビング和歌山12月3日号「観光庁の支援事業で新商品誕生! 紀の川フルーツの魅力を ギュッと詰め込んで」
    百貨店と行政がタッグを組んで 魅力ある新商品を開発 左)紀の川フルーツ観光局 事務局次長・南條…
  3.  心も届けるハンドメードの魅力―。描いて癒やされ、送って喜ばれる「手作り年賀状」の3講座が12月に…
  4. クリスマスシーズン到来!おすすめのクリスマスケーキや、華やかなディナー、大切な人へのプレゼントにぴっ…
  5. リビング和歌山11月19日号「ドングリから 森を育て、山を守る“戻り苗(もどりなえ)”」
    かわいい苗を育てることで、離れた場所でも“森づくり”や“山づくり”に貢献できる「戻り苗」。ドングリ…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山12月3日号「観光庁の支援事業で新商品誕生! 紀の川フルーツの魅力を ギュッと詰め込んで」

    2022/12/1

    リビング和歌山12月3日号

    リビング和歌山2022年12月3日号 百貨店と行政がタッグを組んで 魅力ある新商品を開発 ■フロント…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2022/12/1

    2022年12月3日号
  2. 2022/11/24

    2022年11月26日号
  3. 2022/11/17

    2022年11月19日号
  4. 2022/11/3

    2022年11月5日号
  5. 2022/10/27

    2022年10月29日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る