治療の最前線! 専門医に聞くvol.4
外科手術やがんの最新治療
体の負担がより少なく

私たちが最新の治療法を取り入れるのには、理由があります。例えば、外科手術では、多くの病気は胸腔鏡や腹腔鏡手術が今はスタンダードになっています。一般的には胆石症やそけいヘルニア、悪性腫瘍なら食道がんや胃がん、大腸がんなどの手術にも胸腔鏡・腹腔鏡が多く用いられます。

その大きなメリットは、“体への負担が少ないこと”です。開腹手術と比べて傷口が小さいので、術後の痛みが少なくて傷跡も目立ちません。術後の回復も早く、入院や安静臥床(がしょう)の状態が短期間で済みます。働き盛りの年代なら社会復帰を早く果たすことができ、高齢期なら、術後の安静による筋力低下など、他の体の機能が衰えてしまうことを防ぎ、できるだけ早く以前の生活に戻れるようになります。

次に、進行したがんの治療ついて、これまでは抗がん剤だけに頼らざるを得ませんでしたが、今は「分子標的薬」や「免疫チェックポイント阻害剤」などの新しい治療薬を組み合わせています。

「分子標的薬」は、がん細胞だけに存在する分子(遺伝子やタンパク質など)を攻撃するよう設計された薬。また、がん細胞は私たちが持つ免疫機能に影響を与え、その力を抑え込んでしまうのですが、こうしたがん細胞の働きを妨げ、私たちの免疫機能が発揮されるように働きかける薬が、「免疫チェックポイント阻害剤」。どちらも抗がん剤と併用することで治療効果が期待できます。

2人に1人ががんになる時代、がんになっても治療し、元気で長く生きられるように医療でサポートしたいと思います。
(済生会和歌山病院 外科部長・坂田好史)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの健康

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. リビング和歌山1月15日号「わが家の\ちょい足しTKGコンテスト/」
     10月30日号の紙面で皆さんから募集したTKGのちょい足しレシピ。編集部で再現してみました。「マ…
  2. リビング和歌山1月8日号「全国のリビング新聞編集長がセレクト2022年にちなんでニコニコプレゼント」
    リビング新聞からのお年玉として、全国リビングネットワーク・提携各紙から大プレゼント! 今年は「20…
  3. リビング和歌山2021年末年始「和歌山県内に暮らす外国人に聞いてみた そうなの!世界のお正月」
     日本ではお正月に、おせち料理を食べるなどの風習があります。海外はどうなのでしょうか? そこで、和…
  4. リビング和歌山12月18日号「歳末の活気あふれる〝市〟でお買い物」
      来週のクリスマスが終わるといよいよ年の瀬。世間は一気にお正月ムードに様変わり。今冬は、原油高、…
  5. リビング和歌山12月11日号「第6波に備える 和歌山新型コロナ検証」
     第5波の自粛が解かれ、クリスマスや年末年始を迎えます。しかし、感染が落ち着いているからといって油…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山1月15日号「わが家の\ちょい足しTKGコンテスト/」

    2022/1/13

    リビング和歌山1月15日号

    リビング和歌山2022年1月15日号 10月30日号の紙面で皆さんから募集したTKGのちょい足しレシ…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る