知っておきたいイマドキの住宅キーワード①
スマホで管理、コントロール
「Iot住宅」で安心・快適な暮らし

マイホームに夢を膨らませながら、情報を集めていると、「「ZEH(ゼッチ)」「HEMS(ヘムス)」など、聞き慣れない言葉が次から次へと出てきませんか。本シリーズでは、知っておきたいイマドキの“住宅キーワード”を解説していきます。

第1回は、「IoT(アイ・オー・ティー)住宅」。「Iot」は、身の回りのあらゆるものがインターネットにつながることを指します。つまり、「IoT住宅」は、テクノロジーで住まいと暮らしをより効率よく快適につなげたおうち。通信移動システムが「4G」から「5G」に完全移行されると、“生活行動の8割自動化”も夢ではないそうで…。

「究極は、遠隔介護が可能になるのではないかと。AI(人工知能)が生活パターンに合わせて、身の回りのことをサポート。車椅子は自動で動き、トイレに座ると健康チェックができて、異変が見受けられれば各所に連絡が入り、タクシーが自宅前までお出迎え…、なんてことも夢物語ではありません。だって、数年前には考えられなかった、“アレクサ、照明を消して”が今は実現できるようになっていますからね」と話すのは、Iotで未来志向のまちづくりを目指すトヨタ自動車とパナソニックの合弁会社「プライムライフテクノロジーズ」の子会社「ミサワホーム近畿和歌山支店」(和歌山市九番丁)の営業担当。

また、同社の一級建築士は、「そこまではいかなくても、玄関の鍵の開閉、エアコンのオン・オフ、来訪者確認など、スマートフォンを介して“家の管理”ができるようにしてほしいという依頼を受け、設計・施工した事例はあります」と。さらに、「もともと住宅業界のIot化は、太陽光発電の発電量の“見える化”からスタートして、それが水道やガスのライフラインに発展。なおかつ、インターネットの普及により、住宅設備、家電へと広がり、省エネに加え、見守り、セキュリティー、快適性…と、暮らしの“近未来化”が進んでいます」と教えてくれました。

ハウジング

関連キーワード

 

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

おすすめ記事

  1. リビング和歌山7月13日号「猛暑を乗り切る夏のスタミナ 鰻祭」
    今年の夏は、観測史上最も暑かった昨年に匹敵するほどの暑さになる可能性があるといわれています。 今…
  2. リビング和歌山7月6日号「リビング夏休み特別イベント 楽しく体験!和歌山の“さかな”」
     全国のリビング新聞ネットワークが取り組んでいる“さかなをたべよう!”キャンペーン。この夏、和歌山…
  3. リビング和歌山6月29日号「見た目鮮やか、フルーツたっぷり! 夏スイーツ」
    メロンやモモ、マンゴーなど、旬を迎えるフレッシュなフルーツをたっぷりと使った夏限定のスイーツ。ショ…
  4.  来年の国際博覧会(大阪・関西万博)を前に関西ではホテルの開業が相次いでいます。 和…
  5. リビング和歌山6月15日号「和歌山のクラフトコーラ」
    世界中で愛されているコーラですが、今回は地元和歌山のクラフトコーラをご紹介。“手作業”や“技巧”など…
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2024/7/11

    2024年7月13日号
  2. 2024/7/4

    2024年7月6日号
  3. 2024/6/27

    2024年6月29日号
  4. 2024/6/20

    2024年6月22日号
  5. 2024/6/13

    2024年6月15日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る