紀の国わかやま文化祭 未来へつなぐ人 vol.08
絵を描くことが生活の一部に 作品を通して人とのつながり楽しむ

「絵は友だちとのコミュニケーションツールにも」と話す中川さん

「絵は友だちとのコミュニケーションツールにも」と話す中川さん

「絵を描いていると、前向きな気持ちになるんです」。テレビでパステルアートのことを知り、独学で描き方を身に付けたという中川朋美さん。「“今日はこの部分、明日はこの部分を描こう”と少しずつ仕上げます。そして夜、寝ながら“あーしよう”“こーしよう”と、頭の中は絵のことでいっぱい。生活の一部になっています」と笑います。

 中川さんは、生まれつき骨の病気で低身長が特徴の「先天性脊椎骨端異形成症」があり、重い荷物を持つことや長距離を歩くことなど、日常生活の中で制限されることが少なくありません。そんな中で出合ったのがパステルアート。初めて描いた絵はミズバショウで、祖母にプレゼントしたら喜ばれたことが、“上手になりたい”という気持ちに拍車をかけました。

 毎日、コツコツと描く中、作品展に出展したいという気持ちに。でも、自身で搬入・搬出するとなればハードルが―。縁あって3年前、和歌山県障害者作品展「紀ららアート展」に応募。2019年度と20年度の「紀らら感動大賞」に選ばれました。中川さんは毎年、他の人の作品を見るのも楽しみにしており、「会ったことはありませんが、つながっているような気持ちになります」と。

 今、国文祭に向けて「森の妖精」をテーマにした作品を制作中。「人と気軽に会うのが難しい今だからこそ、絵を見て少しでも明るい気持ちになってもらえたらうれしいです」と話します。夢は個展を開くこと。その日に向け、絵を描き続けています。

「全国障害者作品展」

【日時】11月13日(土)~20日(土)午前10時~午後5時
【場所】和歌山ビッグ愛(和歌山市手平)
【料金】
無料
073(441)2571 紀の国わかやま文化祭2021和歌山県実行委員会
※詳細は、『紀の国わかやま文化祭2021」のホームページから確認を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. 夏休みの工作にもぴったりのワークショップが、8月3日(木)~8月15日(月)まで近鉄百貨店和歌山店…
  2. 地域が誇るものづくりを紹介する「すごいぞ! 和歌山の底力」。シリーズ3回目は、日本で初めて5本指ソ…
  3. 地域の人々から愛され続ける、ローカルな味を紹介する「まちかどソウルフード」シリーズ。第二弾は、ジュー…
  4. リビング和歌山7月23日号「ホームセンター+リビング 特別企画 夏休みにものづくり」
     夏休みが始まりました。 楽しい計画もたくさんあるのではないでしょうか。でも、宿題のこともお忘れなく…
  5. リビング和歌山7月16日号「訪れたら絶対手に入れたい 個性派ミュージアムグッズ」
     個性的なアイテムがそろうミュージアムグッズが今、注目されています。今回、県内7施設のグッズをクロー…

電子新聞 最新号

  1. 2022/8/4

    リビング和歌山8月6日号

    リビング和歌山2022年8月6日号   地域が誇るものづくりを紹介する「すごいぞ! 和歌山の底力」。…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2022/8/4

    2022年8月6日号
  2. 2022/7/28

    2022年7月30日号
  3. 2022/7/21

    2022年7月23日号
  4. 2022/7/14

    2022年7月16日号
  5. 2022/7/7

    2022年7月9日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る