訪れたら絶対手に入れたい
個性派ミュージアムグッズ

リビング和歌山7月16日号「訪れたら絶対手に入れたい 個性派ミュージアムグッズ」 個性的なアイテムがそろうミュージアムグッズが今、注目されています。今回、県内7施設のグッズをクローズアップ。夏の展覧会と自由研究に役立つ情報も紹介します!

歴史に思いをはせて
手鏡と双六(すごろく)

和歌山県立博物館

歴史好きにはたまらない。「川中島合戦図屛風」の名場面を集めた「双六」は、絵画を見ながら遊べて一石二鳥。紀伊藩のお抱え絵師・岩井泉流作「文王・麒麟・鳳凰図」の手鏡は、化粧ポーチにしのばせて。どちらも同館所蔵作品です。

(左)文王・麒麟(きりん)・鳳凰(ほうおう)図オリジナル手鏡 350円
(右)川中島合戦図屛風(びょうぶ)名場面双六 550円

企画展はこちら

学芸員 坂本亮太さん

学芸員
坂本亮太さん

 地名は地域の成り立ちや性格が分かることも。昔の地図や記録をもとに、県内の地名の謎解きをしています。自分の住んでいる地域の地名を調べるきっかけにしてください。

夏休み子ども向け企画展「地名のなぞ!?」

期間 7月16日(土)〜8月21日(日)
入館料 大人280円、大学生170円、高校生以下や65歳以上など無料

けんぱく・こどもゼミ「あつまれ! ミライの学芸員」

和歌山の歴史や文化財について学びます

日程 8月3日(水)~7日(日)
自由研究コース(地名を調べる)午前10時半~11時半
学芸員コース(文化財に触る)午後2時~3時
対象 小学5・6年生と中学生 定員:各10人(先着順)
7月16日(土)午前9時半から電話で申し込み開始
参加費 無料

お問い合わせ

電話 073(436)8670
住所 和歌山市吹上1-4-14
営業時間 午前9時半~午後5時(入館4時半)
定休日 月曜(祝日の場合は翌日)
ホームページ https://hakubutu.wakayama.jp/

日常使いにアートをプラス
タオルハンカチとキーリング

和歌山県立近代美術館

 まとめ買いをする人が続出。ラメの刺しゅうを施したり、縁取りのデザインにこだわったり、ひびのこづえのタオルハンカチは、パンダやアザラシなど全15種。同館が所蔵する草間彌生の作品「靴」や「果物」がモチーフのキーリングはギフトにおすすめです。

(左)ひびのこづえタオルハンカチ各550円
(右)草間彌生キーリング3520円

企画展はこちら

学芸員 奥村一郎さん

学芸員 奥村一郎さん

 波や雲などを思い起こさせる鉛筆による絵画と、化石などの自然物も一緒に並ぶ、妻木さん独自の世界観が表現された展示です。自然の中で、自分がおもしろいと思う形を見つけてみては!

企画展 なつやすみの美術館12
妻木良三「はじまりの風景」

期間 9月4日(日)まで
観覧料 大人520円、大学生300円高校生以下や65歳以上など無料

こども美術館部「さいしょのさいしょ」

学芸員と一緒に作品を観賞します

日程 :7月23日(土)、24日(日)各日午前11時~12時
対象 小学生
定員 各6人(先着順)、同館ホームページから事前予約
参加費 無料(保護者は要観覧料)

お問い合わせ

電話 073(436)8690
住所 和歌山市吹上1-4-14
営業時間 午前9時半~午後5時(入館4時半)
定休日 月曜(祝日の場合は翌日)
ホームページ https://www.momaw.jp/

感性・想像力を働かせて
ハニワとまが玉づくり

和歌山県立紀伊風土記の丘

 おうちで楽しめるハニワとまが玉作りのキット。ハニワは乾燥後、同館に持って行くと無料で焼き上げてくれます。どちらも作り方は同館公式ユーチューブサイトをチェック。家族みんなで古代のものづくり体験を楽しみましょう!

(上)ハニワづくり体験キット350円
(下)まが玉づくり体験キット300円

企画展はこちら

学芸員
上村緑さん

 県内の果物栽培の歴史をたどりながら、そこで使われてきた道具と生産技術の移り変わりを紹介しています。また8月8日(月)まで、「HANI-1選手権」が開かれています。製作の参考に。

夏期企画展 くだものの民具
―うめ・かき・みかんの農業遺産―

期間 7月16日(土)〜9月4日(日)
入館料 大人190円、大学生90円、高校生以下や65歳以上など無料

夏休みものづくり体験

同館スタッフの指導でハニワとまが玉を作ります
各日午前10時からと午後1時半からの2回 対象:小学生以上
定員:各回40人(先着順)、7月15日(金)午後1時から電話で予約開始

・ハニワづくり

日程 7月30日(土)、31日(日)
材料費 350円(入館料必要)

・まが玉づくり 

電話 8月6日(土)、7日(日)
材料費 300円(入館料必要)

お問い合わせ

電話 073(471)6123
住所 和歌山市岩橋1411
営業時間 午前9時~午後4時半(入館4時、移築民家4時15分) 
定休日 月曜(祝日の場合は翌日)
ホームページ https://www.kiifudoki.wakayama-c.ed.jp/

何が当たるか分からない
化石の複製や缶バッジ

和歌山県立自然博物館

 同館人気のカプセルトイ。展示している生き物や標本をイラスト化した缶バッジの他、県内で見つかった「スピノサウルス」「モササウルス」「メガロドン」の歯化石レプリカのマグネットも。何が出てくるのか分からないからこそおもしろい!

(左)オリジナル缶バッジ各100円
(右)スピノサウルス、モササウルス、メガロドン歯化石コレクション各500円

特別展はこちら

学芸員
國島大河さん

 汽水にいる魚の種類や生態について紹介。マングローブの森の再現や、和歌浦で見つけたハナザメの等身大パネルもあります。川と海のつながりや環境について考えてみよう。

特別展 海水と淡水の交わるところ
~汽水にくらす魚たち~

期間 7月16日(土)〜9月4日(日)
入館料 大人480円、高校生以下や65歳以上など無料

お問い合わせ

電話 073(483)1777
住所 海南市船尾370-1
営業時間 午前9時半~午後5時(入館4時半)
定休日 月曜(祝日の場合は翌日)
ホームページ https://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/

親しみを感じる馬冑と銅鐸
紙工作とマグネット

和歌山市立博物館

 実測図をもとに同館の学芸員が企画・制作したというペーパークラフトは、大谷古墳(和歌山市)から出土した鉄製の馬冑と、太田・黒田遺跡(同市)で発見された銅鐸の2種。立体のマグネットもおすすめです。また、夏休み期間中は馬冑の実物の展示もあり。

(左)オリジナルペーパークラフト 馬冑300円
(右)馬冑、銅鐸マグネット各300円

企画展はこちら

学芸員
小橋勇介さん

 有吉佐和子にまつわる資料とともに、『紀ノ川』など、作品に書かれている和歌山の歴史・文化を紹介。愛用の三味線や鏡、着物なども展示しています。有吉を身近に感じてもらえれば。

企画展 有吉佐和子と和歌山

期間 8月14日(日)まで
入館料 大人100円、高校生以下など無料

こども歴史学習相談会

和歌山の歴史に関する疑問・質問に答えてくれます

日程 8月3日(水)~6日(土)午後1時~4時
対象 小・中学生 参加費:無料(保護者は要入館料)

お問い合わせ

電話 073(423)0003
住所 和歌山市湊本町3-2
営業時間 午前9時~午後5時(入館4時半)
定休日 月曜(祝日の場合は翌日)
ホームページ http://www.wakayama-city-museum.jp/

南方マンダラをデザイン
Tシャツやバッグなど

南方熊楠記念館

  100%コットンで肌触りの良いTシャツ(白・黒・黄)と、マチ付きで買い物やおけいこ事にもぴったりのオリジナルトートバッグ。真言宗のマンダラをヒントに、熊楠が自身の思想を表現した絵図「南方マンダラ」のプリントが目を引きます。

(左)オリジナルTシャツ(S・M・Lサイズ)2420円
(真ん中)オリジナルトートバッグ2420円
(右)オリジナルハンカチ各500円

特別展はこちら

学芸員
三村宜敬さん

熊楠と白浜のつながりを、地域の景観の変化を交えながら写真パネルで伝えます。また、常設コーナーでは身近にあるさまざまな粘菌を展示。顕微鏡で色や形の違いを楽しんで。

特別展 古写真でたどる 白浜・番所山の風景

期間 7月30日(土)〜10月9日(日)
入館料 高校生以上600円、小・中学生300円、幼児無料

昆虫観察会

番所山公園内に生息する昆虫などの生態系を学習

日程 8月21日(日)午前9時半~12時
定員 30人(先着順)、電話で申し込み
参加費 入館料必要

お問い合わせ

電話 0739(42)2872
住所 西牟婁郡白浜町3601-1
営業時間 午前9時~午後5時(入館4時半)
定休日 木曜(7月20日~8月31日無休) 
ホームページ http://www.minakatakumagusu-kinenkan.jp/

思わずクスッと笑う
キーホルダーとペンホルダー

すさみ町立エビとカニの水族館

  エビとカニにまつわるグッズがたくさん。中でも注目はエビとカニのペンホルダーで、ダブルベリーやマリンブルーなど7色展開。アクリルキーホルダーは思わずクスッと笑ってしまう一言が。手書きのイラストも含め、スタッフのセンスが光ります。

(左)オリジナルアクリルキーホルダー(スベスベマンジュウガニ)660円
(右)ペンホルダー(エビ・カニ)各990円

企画展はこちら

学芸員
井池凜乃輔さん

 陸の生き物にスポットを当て、人気のクワガタやカブトムシの他、嫌われ者?のゴキブリやムカデを展示します。カッコ良さ・美しさだけではない生き物の魅力を見てください。

企画展 皆そろって愛され展
〜生物界の人気者・嫌われ者〜

期間 7月20日(水)〜9月11日(日)
入館料 高校生以上800円、小・中学生500円、
3歳以上300円、2歳以下無料

タッチングプール

タカアシガニやアメリカカブトガニ、イヌザメなどに触れることができます

日程 常時開催
参加費 入館料必要

お問い合わせ

電話 0739(58)8007
住所 西牟婁郡すさみ町江住808-1
営業時間 午前9時~午後5時(入館4時20分) 
定休日 無休
ホームページ https://ebikani-aquarium.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フロント特集

 

おすすめ記事

  1. 夏休みの工作にもぴったりのワークショップが、8月3日(木)~8月15日(月)まで近鉄百貨店和歌山店…
  2. 地域が誇るものづくりを紹介する「すごいぞ! 和歌山の底力」。シリーズ3回目は、日本で初めて5本指ソ…
  3. 地域の人々から愛され続ける、ローカルな味を紹介する「まちかどソウルフード」シリーズ。第二弾は、ジュー…
  4. リビング和歌山7月23日号「ホームセンター+リビング 特別企画 夏休みにものづくり」
     夏休みが始まりました。 楽しい計画もたくさんあるのではないでしょうか。でも、宿題のこともお忘れなく…
  5. リビング和歌山7月16日号「訪れたら絶対手に入れたい 個性派ミュージアムグッズ」
     個性的なアイテムがそろうミュージアムグッズが今、注目されています。今回、県内7施設のグッズをクロー…

電子新聞 最新号

  1. 2022/8/4

    リビング和歌山8月6日号

    リビング和歌山2022年8月6日号   地域が誇るものづくりを紹介する「すごいぞ! 和歌山の底力」。…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2022/8/4

    2022年8月6日号
  2. 2022/7/28

    2022年7月30日号
  3. 2022/7/21

    2022年7月23日号
  4. 2022/7/14

    2022年7月16日号
  5. 2022/7/7

    2022年7月9日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る