2択の質問はNG! 選択肢が多いほど自分で考え決断する

「やるの?やらないの?」。子どもに質問するときにやってしまう2択。早く答えが出るのでお母さんには便利ですよね。「やらない」なんて言われたら、「本当に?」と迫ったこともあるでしょう。子どもは“お母さんの意図”を敏感に感じ、お母さんの求める答えを選択します。つまり、2択は実質的には1択なのです。

子どもが自分で考えて決断し、行動できる子になってほしければ、実はもっと違う質問が効果的です。何かを決める場面で、「どうしたらいい?」と聞いてあげてください。「どうしたらいい?」は、答えが決まっていない質問です。自由な発想で自分なりの答えを見つけられます。慣れないうちは「分からない」と言う子もいるでしょう。そんなときこそお母さんの出番。たくさんの選択肢を提示してみるのです。

例えば、「もう歩けない」とぐずる子に「歩くのか歩かないのか」と聞いても、なかなか動いてはくれません。そんなとき「手をつないで歩く?」「休憩する?」「よーいドン!する?」「あの角まで抱っこする?」「歌うたう?」など、できるだけたくさん提案して、選ばせてあげるのです。子どもは自分で決めると案外すんなり納得して行動します。
たくさんある選択肢から自分で選ぶ繰り返しは、必ず子どもの心に経験として蓄積されます。決断力と実行力は、目標を達成するときに必要になるとても大切な力。お母さんも頭を柔らかくして、楽しい選択肢をたくさん提示してあげてくださいね。

著者

むらたますみ
キッズコーチングマネジャー

監修竹内エリカ
幼児教育者、日本キッズコーチング協会理事長

子育て・教育

関連キーワード

 

交通安全バナー2023贈呈式

交通安全バナー2023贈呈式

おすすめ記事

  1. リビング和歌山2月24日号「スペースポート紀伊(串本町)から 第1号ロケット「カイロス」発射!」
     3月9日(土)午前11時(予定)、和歌山県串本町田原地区の「スペースポート紀伊」から、ロケット「…
  2. リビング和歌山2月17日号「 2月はアレルギー月間 食物アレルギーでも楽しめる!」
     食物アレルギーや食事制限があっても食事やティータイムを思う存分楽しみたい! 2月はアレルギー月間…
  3. リビング和歌山2月10日号「 夢に向かって羽ばたけ和歌山から世界へ」
    日本のゴルフ人口は約560万人(レジャー白書2022)。年々女性ゴルファーが増加しています。ゴルフ…
  4. 企業が設置する保育施設ですが、地域のニーズに合わせて、地域枠として受け入れてくれます。職員の配置基準…
  5. リビング和歌山2月3日号「 伝統と革新が織り成す 老舗のパイルファブリック」
     全国に誇るものづくりを紹介する「すごいぞ!和歌山の底力」シリーズ。今回は、世界的にも珍しいパイル…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山2月24日号「スペースポート紀伊(串本町)から 第1号ロケット「カイロス」発射!」

    2024/2/22

    リビング和歌山2月24日号

    リビング和歌山2月24日号  3月9日(土)午前11時(予定)、和歌山県串本町田原地区の「スペースポ…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2024/2/22

    2024年2月24日号
  2. 2024/2/15

    2024年2月17日号
  3. 2024/2/8

    2024年2月10日号
  4. 2024/2/1

    2024年2月3日号
  5. 2024/1/25

    2024年1月27日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る