5類移行後もこだわりたい家づくり
アフターコロナの
住まいに関する意識調査

立地、間取り、性能のニーズに変化あり

和歌山市にある賃貸一戸建て物件の一例(写真提供=ヤマイチ・ユニハイムエステート)

 新型コロナウイルス感染症の位置付けが、5類に移行して半年がたちました。コロナ禍で高まった住まいのニーズは、現在はどのように変化しているでしょうか。

不動産の開発や売買、賃貸を手掛ける「ヤマイチ・ユニハイムエステート」(本社=大阪府大阪市)は、「アフターコロナの住まいに関する意識調査」を9月にウェブアンケート方式で実施。家の購入を検討中または情報収集をしている全国の20~60代の男女を対象に、400の有効回答を基に結果をまとめました。

「5類感染症への引き下げ後、住まい探しの条件に変化はありましたか」の問いに、「少し変化した」の答えがもっと多く31%。「変化した」の19・5%と合わせると、半数の人に変化が見られました。住まい探しで変更した条件は、「立地」が最も多くて31%。「間取り」が28・6%、「建物性能」が22%と続きます。

それぞれの変更の理由に、立地では「テレワークで公共交通機関を使わなくなった」「災害時に対応可能な場所を希望」などの回答がありました。間取りでは、「広さ」と「部屋数」の回答が7割を占め、「換気がよく、ゆとりある空間がほしい」「病気のときに隔離する部屋が必要」などの声があったのが特徴的。建物性能に関しては、「耐熱性・気密性能」「創エネ・省エネ設備」「防音性能」の回答率が高く、在宅時間が長くても、居心地の良い室内環境を整える基本性能が求められていました。
コロナ禍では、テレワークの仕事スペースやパーソナルスペースの確保を求め、一戸建て住宅のニーズが高まりました。今回の調査結果から、今後もその傾向が続くと考えられそうです。

「新築や中古の購入だけじゃなく、賃貸物件に住むなど、一戸建ての選択の幅は広がっています」と話すのは、同社経営企画本部の髙橋研策さん。「弊社が和歌山エリアで扱っている賃貸一戸建てでは、入居者の家族構成はファミリーやご夫婦が多いですね。『部屋数があり、空間が広い』『ペットを飼える』『転職・転勤』『駐車場がある』などが、入居理由に挙げられていました」と、現状を伝えてくれました。

ハウジング

関連キーワード

 

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

おすすめ記事

  1. リビング和歌山5月25日号「龍馬の想いを紡いだ 陸奥宗光の生涯」
    陸奥亮子の写真は、陸奥祥子さん(宗光の孫・陸奥イアン陽之助の妻)から提供  江戸末期に…
  2. リビング和歌山5月18日号「白良浜と扇ヶ浜でフライングディスクのビーチ競技、6月12日に開幕 ビーチアルティメット国際大会」
      プラスチック製・円盤状の遊具を使い、得点を競うスポーツ「フライングディスク」。その国際大会「WF…
  3. リビング和歌山5月11日号「和歌山県、旬の魚を訪ねて漁港巡り 健康と美活に栄養満点のカツオ 昨年に続いて今年も豊漁」
    カツオの豊漁で活気づく、すさみ漁港  全国のリビング新聞のネットワークでは今年、「さかなをたべよう!…
  4. プレミア和歌山認定品の毬玉アクセサリー、天然石や真鍮のアクセサリーやビーズ・スパンコール刺繍の作品…
  5. リビング和歌山4月27日号「 和歌山の平安時代を旅する 光る紀伊へ」
     平安時代ブーム。かつての皇族や貴族は、こぞって高野山や熊野三山を参詣し、聖地とその旅路にさまざま…
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2024/5/23

    2024年5月25日号
  2. 2024/5/16

    2024年5月18日号
  3. 2024/5/9

    2024年5月11日号
  4. 2024/4/25

    2024年4月27日号
  5. 2024/4/18

    2024年4月20日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る