はやぶさを無事帰還させよ! 工作と実験を楽しむ

20151128yac
地域貢献活動の一環として和歌山リビング新聞社が運営している「日本宇宙少年団(YAC)和歌山分団」。毎月行っている定期活動をレポートします。

10月の活動は、10日にサンケイ寄合橋ビル(和歌山市湊本町)で実施。宇宙教育指導者である衣田智子さんを講師に迎え、「はやぶさを無事帰還せよ」をテーマに分団員26人が取り組みました。まずは下敷きとストロー、磁石を使って工作。下敷きに宇宙の写真を貼り付け、裏面の四方にはストローを設置。さらに表面にはストロー3本を取り付けて2つの惑星を貼り、裏には磁石を取り付けて、最後にストロー2本で発射台を作って完成!鉄球をはやぶさに仕立てて発射台から転がし、うまく惑星に到着するか実験をしました。

問い合わせ和歌山リビング新聞社
電話073-428-0281
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. 家計簿をつけたことはあるけれど、なかなか続かず途中でリタイア…そんな苦い経験はありませんか。コロナ…
  2. 和歌山市の中心地、伏虎中学校跡地に建設が進められてきた和歌山県立医科大学薬学部が完成しました。4月…
  3. 日本でドライブスルーといえばハンバーガーチェーンに始まり、牛丼チェーン、コーヒーチェーン…と、これ…
  4. 今年も桜の季節が到来。桜といえば春を感じる行事、お花見!ですが、大勢でにぎやかに楽しむ“お花見宴会…
  5. 子どものころ誰しもお世話になった学校給食。懐かしくもあり、ちょっぴり苦い思い出という人もいると思い…

電子新聞 最新号

  1. 2021/4/8

    リビング和歌山4月10日号

    リビング和歌山4月10日号 家計簿をつけたことはあるけれど、なかなか続かず途中でリタイア…そんな苦い…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る