太陽についての話を聞いて万華鏡を作ったよ

20150217yac

和歌山リビング新聞社は地域貢献活動の一環として「日本宇宙少年団(YAC)和歌山分団」を運営しています。毎月1回、分団員たちと一緒に定期的活動を行っており、今年1月は10日にYAC教育リーダーの栗柳哲也教諭(宮小学校)を迎え「太陽の秘密をさぐる」を行いました。

最初は、栗柳教諭が太陽についてさまざまな話をしてくれました。世界各国での呼び名や歴史、温度、光についてなど太陽にまつわることを学びました。その後は万華鏡を作成。光の屈折で模様が多様に変化する万華鏡の仕組みや、初めて万華鏡を作った物理学者の話も。分団員たちは完成した万華鏡を楽しそうに回しながらのぞいていました。

問い合わせ和歌山リビング新聞社
電話073-428-0281
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  寒さも本格的になってきましたが、街並みはイルミネーションで彩られ、澄んだ空気に星空や夜景もきれい…
  2.  活字離れ、手書き離れがさけばれる昨今。スイ~ッと気持ちよく描けるペンとノートで、“書くこと”を楽…
  3. 年の門出を祝うご馳走を 一年を竹の節のように区切り、お盆や正月といった特別な日を節(せち)と呼んだ…
  4. クリスマスシーズン到来!おすすめのクリスマスケーキや、華やかなディナー、大切な人へのプレゼントにぴっ…
  5.  “金(筋)曜日が29(肉)日になる日”は「筋肉を考える日」(日本記念日協会認定)です。ムキムキボ…

電子新聞 最新号

  1. 2019/12/12

    リビング和歌山 12月14日号

    リビング和歌山12月14日号 寒さも本格的になってきましたが、街並みはイルミネーションで彩られ、澄…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る