コスパ重視派? こだわり派? マイホームの選択肢⑦
一軒丸ごとリノベーションで
中古住宅が理想のわが家に

年月が醸す風情が魅力のリノベ暮らし

ハウジング

築35年の日本家屋をリノベした一例。立派な梁が印象的

題材になったテレビドラマが放映されるなど、注目度が高まるリノベーション。そこで、「マイホームの選択肢」シリーズの第7回では、「リノベーション住宅」に着目します。和歌山県内では珍しいリノベのモデルハウスを手掛けた「三幸建設」(和歌山市狐島)の根来昌生設計部長に、その特徴や魅力について聞きました。

「リノベは既存建物の基礎や柱、梁(はり)、壁面、床などの構造体や建材を生かして改築し、住む人のライフスタイルや好みを反映した住空間をつくり上げることが特徴です」と、根来さんは解説。「水回りの設備交換や壁紙の張り替えなど、マイナスの状態から元に戻すのがリフォームなら、現状に新たな機能や価値をプラスするのがリノベです」と付け加えます。

家づくりのコストが抑えられるのもメリットの一つ。「住みたい場所として人気のエリアは土地が高かったり、土地自体がなかったり…。でも、そのエリア内の中古物件を安く購入して手を加えれば、新築に比べて手ごろに、そして注文住宅のような希望に沿った家づくりがかないます」とも。

リノベの家づくりは新築とは違うノウハウが求められるため、業者選びも要検討。「リノベ物件を多く手掛けている専門業者や建築士、工務店などに依頼するといいですね。古い家屋の基礎や構造に詳しく、自由度の高いつくりが得意な業者なら、暮らしに合わせた間取り変更も可能です」。また、建築基準法などの法的問題や、インスペクション(建物状況調査)についてもアドバイスしてくれる業者がおすすめとのこと。

最後にリノベの家の魅力を尋ねると…。「年月を重ねたからこそ醸し出す風情は、新築では味わえないリノベの家ならでは」と根来さん。「断熱や気密、耐震など最新の性能も整えれば、より快適な住環境が実現しますよ」とも話していました。

和歌山は全国2位の空き家率の高い県(2018年総務省統計局調査)。中古住宅の物件量が多い土地柄から、リノベの家は、今後、和歌山の家づくりで欠かせない存在になるかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウジング

関連キーワード

 

交通安全バナー2022贈呈式

交通安全バナー2022贈呈式

おすすめ記事

  1. 企業が設置する保育施設ですが、地域のニーズに合わせて、地域枠として受け入れてくれます。職員の配置基準…
  2. リビング和歌山2月4日号「花は思いをのせたラブレター フラワーバレンタイン」
     2月14日のバレンタインデー。日本では、“女性が好きな男性に、気持ちを伝えるためにチョコレートを…
  3. リビング和歌山1月28日号「賢く節約! 知っておきたい確定申告」
    食品や日用品、光熱費などの値上げラッシュが続き、家計のやりくりに頭を悩ませますよね。少しでも節約し…
  4. リビング和歌山1月21日号「すごいぞ!和歌山の底力 梅から広がる可能性 妊活や競走馬サプリも」
     地域発の“ものづくり”を紹介する「すごいぞ!和歌山の底力」。シリーズ6回目は、梅干しなどの伝統食…
  5. リビング和歌山1月14日号「2023年卯年 和歌山で働くウサギたち」
    今年は卯(う)年。ぴょんぴょん飛び跳ねるウサギのように、飛躍の一年にしたいものです。さて、そんな卯…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山2月4日号「花は思いをのせたラブレター フラワーバレンタイン」

    2023/2/2

    リビング和歌山2月4日号

    リビング和歌山2月4日号  2月14日のバレンタインデー。日本では、“女性が好きな男性に、気持ちを伝…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2023/2/2

    2023年2月4日号
  2. 2023/1/19

    2023年1月21日号
  3. 2023/1/12

    2023年1月14日号
  4. 2023/1/5

    2023年1月7日号
  5. 2022/12/26

    2022年年末年始号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る