プロが解説! 知っておきたい土地の法規制⑤
用途地域、建ぺい率・容積率…
土地によって異なる建築制限

“夢の住まい”がかなう土地選びを

「土地を購入した後に、希望する大きさの家が建てられないことが分かった…」。そんな失敗は避けたいですよね。“後悔しない土地探し”を指南する連載シリーズ「土地の法規制」。5回目は「土地によって異なる建築制限」について、和歌山県宅地建物取引業協会の広報啓発委員長・武田雅博さんに聞きました。

不動産が都市計画法によって規制されているのは、1回目(4月30日号)で解説した通りです。住宅は一般的に市街化区域に建てられ、13もの「用途地域」にそれぞれ設けられた「建ぺい率」や「容積率」などによって、建物の広さや高さが変わります。

「建ぺい率とは、敷地面積(土地面積)に対する家の面積(建築面積)の割合のことです」と、武田さんは説明。例えば、建ぺい率が60%なら、敷地面積の6割まで建物に使用できます。容積率は、敷地面積に対する延べ床面積(各階の床面積の合計)の割合を表したもので、「こちらも地域による上限が設けられています」と話します。

用途地域の一つ、第1種低層住居専用地域を例に挙げると、「この地域は高層の建物や商店などがない、良好な住環境が特徴です」と武田さん。一方で「環境を維持するため、建ぺい率や容積率の条件が厳しいですね。隣家の採光を確保するため、家の北側に高さ制限もあります」とも。

用途地域以外にも、自然の美観維持を目的とした「風致地区」、市街地の延焼を防止する「防火地域」など、その土地の特色が反映された建築制限がある地域もあります。

「前面道路や隣家との立地関係なども影響します。土地の規制はさまざまで、かつ複雑」と、武田さん。「希望のマイホームプランがあるなら、家を建てるのに適した土地探しから始めてはいかがでしょう。宅建協会に加盟する不動産業者がサポートします」と話していました。

武田雅博さん

武田雅博さん

和歌山県宅建協会に加盟する不動産業者は
HP(https://wakayama-takken.com/)の会員名簿を参照

不動産に関する相談は宅建協会まで

お問い合わせ073(472)4600(午後1時~4時半)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウジング

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. オリジナルアクセサリー、バッグデコ、プリザーブドフラワーを使った香水ボトル・ハートアレンジ、花咲く…
  2. リビング和歌山10月1日号「100年 話し合いで解決!調停制度」
    身の回りで起こるトラブルに対して裁判所が仲介し、話し合いによって解決を図る「調停制度」。1922年に…
  3. リビング和歌山9月24日号「和歌山の底力 世界一の日本酒が誕生」
    地元企業の「人」「もの」「こと」の魅力を掘り起こして紹介するシリーズ。第4回目は海南市の蔵元「平和…
  4. リビング和歌山9月17日号「詐欺被害額 約2倍に増加」
    これまで詐欺被害といえば「オレオレ詐欺」だったのが、最近では詐欺の手口が多様化し、『特殊詐欺』と呼ば…
  5. リビング和歌山9月10日号「森三中 大島美幸さん」
    9月25日は「主婦休みの日」。コロナ禍の今、家事分担について考えることも多いのでは。そこで芸人×妻…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山10月1日号「100年 話し合いで解決!調停制度」

    2022/9/29

    リビング和歌山10月1日号

    リビング和歌山2022年10月1日号 身の回りで起こるトラブルに対して裁判所が仲介し、話し合いによっ…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2022/8/4

    2022年8月6日号
  2. 2022/7/28

    2022年7月30日号
  3. 2022/7/21

    2022年7月23日号
  4. 2022/7/14

    2022年7月16日号
  5. 2022/7/7

    2022年7月9日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る