夜型から朝型にシフトして 目指せ! キラキラ輝く“ワーママ”

profile
事務職
三村 夏奈子さん

 今春、2人の子どもの入学・入園を機に、6年のブランクを経て、仕事に復帰。「専業主婦をしていると、働いているママがキラキラ輝いて見えて、私もと思ったんです。でも、毎日がホント大変」と話します。お料理が好きで栄養士の資格を持つ三村さんですが、復帰の場に選んだのは事務職。「前は病院に勤めていましたが、食事は365日、朝・昼・晩と欠かせないもの。シフト勤務は難しいかな~」と。しかし、その食の知識で家族の健康をしっかり管理。「働き始めてカレーとハヤシライスが増えましたけど」と苦笑い。

三村さん流
ワーキングママのおきて
 働くにあたって生活のシミュレーションをしてみて、子どもたちが寝たあとに、あれもこれもと想定していたのですが…。一緒に寝てしまうので、夜型から朝型の生活に変えました。朝にできる限りのことをしてから出勤します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  今年10月、食品ロス削減推進法が施行。食品メーカーや小売業などの企業で取り組みが進むことが期待さ…
  2. 「ねんりんピック紀の国わかやま2019」が、11月9日(土)~12日(火)の期間、和歌山県内で開催…
  3.  松阪牛、近江牛、神戸牛…、これまで“高級肉”といえば、サシがたっぷり入った霜降り肉が主流でしたが…
  4.  頼宣が和歌山に入国してから400年。10月19日(土)~11月24日(日)、和歌山県立博物館、和…
  5.  植物性の乳酸菌が含まれているキムチ。腸内環境を整えるほか、美肌や疲労回復効果もあるとか。また店それ…

電子新聞 最新号

  1. 2019/11/7

    リビング和歌山 11月9日号

    リビング和歌山11月9日号 今年10月、食品ロス削減推進法が施行。食品メーカーや小売業などの企業で取…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る