夜型から朝型にシフトして 目指せ! キラキラ輝く“ワーママ”

profile
事務職
三村 夏奈子さん

 今春、2人の子どもの入学・入園を機に、6年のブランクを経て、仕事に復帰。「専業主婦をしていると、働いているママがキラキラ輝いて見えて、私もと思ったんです。でも、毎日がホント大変」と話します。お料理が好きで栄養士の資格を持つ三村さんですが、復帰の場に選んだのは事務職。「前は病院に勤めていましたが、食事は365日、朝・昼・晩と欠かせないもの。シフト勤務は難しいかな~」と。しかし、その食の知識で家族の健康をしっかり管理。「働き始めてカレーとハヤシライスが増えましたけど」と苦笑い。

三村さん流
ワーキングママのおきて
 働くにあたって生活のシミュレーションをしてみて、子どもたちが寝たあとに、あれもこれもと想定していたのですが…。一緒に寝てしまうので、夜型から朝型の生活に変えました。朝にできる限りのことをしてから出勤します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

うんちフェス

おすすめ記事

  1.  今や国民病となりつつある「花粉症」。花粉症の予防対策として注目されているのが和歌山県北山村特産の…
  2.  リビング新聞からのお年玉は「ゴールドに輝く地域ブランド」。全国リビングネットワーク・提携各紙から、…
  3.  さぁ、2020年の幕開け。2020年注目の話題といえば、やはり東京五輪・パラリンピックではないで…
  4.  今シーズンの冬ごもりは、家の中で読書を。心も体もほっこり、親子で本に親しみませんか。図書館スタッ…
  5.  寒さも本格的になってきましたが、街並みはイルミネーションで彩られ、澄んだ空気に星空や夜景もきれい…

電子新聞 最新号

  1. 2020/1/16

    リビング和歌山 1月18日号

    リビング和歌山1月18日号  今や国民病となりつつある「花粉症」。花粉症の予防対策として注目されてい…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る